ジョニ赤はまずい?うまい?味をレビューしてみた!

ジョニ赤(ジョニーウォーカー レッドラベル、ジョニーウォーカー 赤ラベル)の味ってまずいの?うまいの?実際に飲んでみたレビューをご紹介!ジョニ赤を代表的な4つの飲み方をしてみた結果は?まずい?うまい?

 

ジョニ赤は飲み方でまずい!うまい!がある!

ジョニ赤(ジョニーウォーカー レッドラベル、ジョニーウォーカー 赤ラベル)は手頃な価格で手に入るスコッチウイスキーとしてはかなり有名です。

大抵のバーには置いてあるし中には居酒屋にも置いてあることもありますね。

そんなジョニ赤で気になるのはやはり味。

ジョニ赤ってどんな味なのか?「まずい?」「うまい?」って知りたい方も居る事でしょう。

個人的にはジョニ赤って、飲み方(割り方)でまずい・うまいがハッキリしていると感じています。

そこで今回はジョニ赤をオーソドックスな4つの飲み方でレビューしてみました!

ストレート、ロック、水割り、ハイボールの4つですね。

その味のレビューはどうだったのか?

 

ストレートはちょっとまずいかも?

まずグラスに注ぐと独特のスモーキーさ(ピート感)がグッと漂ってきます。

人によれば正露丸とか薬品とか言われているクセの強い香り。

個人的にはこういったクセのあるスモーキーさが強い香りは大好きなんですけどね。

ただ味はほんのり甘味はあるんだけどアルコール臭が強くてキツイ感じがしていかにも「安いウイスキー!」って感じがありちょっと飲みにくさを感じました。

ジョニ赤のストレートは僕にとっては中々まずい感じがした飲み方でした。
 

 

ロックはマイルドさが出てうまい!

香りはストレート同様にクセのあるスモーキーさがかなり強いですが良い香りで深み?がある感じです。

アルコール臭は残っている感じはあるけどストレートほど気にならない。

味は氷が入ってジョニ赤自体と良い感じで混ざる(薄まる)のでマイルドさが出てきますね。

氷は大きいのを入れるのも良いし多めに入れるのも良いでしょう。

ジョニ赤のロックは良い意味でスコッチウイスキーって感じを味わえる飲み方でうまい飲み方でした!

 

水割りはうまいがお湯割りの方が上!

ジョニ赤の独特のスモーキーさがロックよりもマイルドに感じられるのがポイント。

ロック同様氷が入っているし、加えて水で割るからでしょう。

味もアルコールさはほぼなくなり、ジョニ赤本来の味を気軽に楽しめる感じ。

また、氷を入れないトワイスアップならより風味がアップした飲み方になりますよ!

 

ただ、ついでにお湯割りにして飲んでみた所、水割りやトワイスアップよりも風味がグンっと増したのには驚き!

味自体はストレートやロックよりも少し薄くなるけど口当たりが良くなり飲みやすさはかなりアップする感じ。

味や香りは共に他の飲み方と比べても1番際立っていると感じました。

僕のように強めのスモーキーさが好きならこのお湯割りがより感じられて「うまい」と思うのでお薦めです!

 

ハイボールはうまいが風味は弱め!?

ジョニ赤のハイボールの場合、ソーダ水のシュワシュワと氷の冷たさによって特徴的なスモーキーさが逆に爽やかになる感じ。

アルコール臭も全くしませんし。

味も香りもクセがなくなるので口当たりがグッと良くなって飲みやすくなるのが良い。

おそらく全ての飲み方の中で飲みやすさは1番かと。

ジョニ赤で飲み方に迷ったらこのハイボールを選ぶと間違いはないでしょう。※好みでレモンやライムを入れてもOK

ただ、飲みやすくなる分風味自体はストレートやロック、お湯割りよりも弱くなりますけどね!

 

以上が、ジョニ赤をオーソドックスな4つの飲み方で飲んでみたレビューでした。

結果はストレートが「まずい」と感じて、ロック・水割り(お湯割り)・ハイボールが「うまい」と感じましたね。

個人的にはお湯割りとハイボールがお薦めかな。

ハイボールは定番でうまい飲み方だけど、ウイスキーのお湯割りってあまり有名じゃない・・・

だけど実はかなり風味が際立つ飲み方でうまいので試して欲しいです!
 

 

※補足

実はジョニ赤をコーラで割るコークハイもネットでお薦めだったので試してみたのですがダメでした。

まずい・・・

コーラの甘ーい風味とジョニ赤の特徴であるスモーキーさが強調し合うのかバッティングするのか、かなり複雑な味になる感じ。

「うまい!」という声もありますが僕はダメでしたね。

 

もっとうまいハイボールやお湯割りを飲む方法!

ジョニ赤はロックもうまいけど、水割り(お湯割り)やハイボールの方がうまいと先に言いました。

だけど、実は水割り(お湯割り)なら使う『水』にこだわる、ハイボールなら使う『炭酸水』にこだわるともっとうまくなるんですよ。

高品質の水や炭酸水を使うことで水割り(お湯割り)やハイボールの仕上がりが全然違ってきますから。

 

水にこだわるならウォーターサーバーが便利。

現在のウォーターサーバーは日本各地から厳選された天然水を使っていることが多く元から高品質。

味自体がすでにうまいので水割りやお湯割りにすると風味もより際立ってより味わい深くなります。

『デイリーウォーター』などがうまい天然水を飲めるのでお薦めですね!
 
⇒ 厳選した日本の水源から天然水をお届け!【デイリーウォーター】の詳細はこちらから!




 
また、炭酸水にこだわるなら炭酸水メーカーが便利。

炭酸の強弱を自分好みに調整できますし、やはり使う水次第でよりうまい炭酸水が作れます。

市販の炭酸水とは違った味わいになりますのでハイボールがよりうまくなるのも当然だと言えます。

『e-soda』などが使いやすい炭酸水メーカーなのでお薦めです!
 
⇒ 自宅で作る炭酸水【e-soda】の詳細はこちらから!





 

ジョニ赤を飲んだ方の口コミをチェック!

先に個人的なジョニ赤を飲んだレビューをご紹介しましたが、ココではネット上で見つけた他の方が飲んだジョニ赤の口コミを見てみましょう。

 

まずいと感じた口コミ

何かと割るならいいが、ストレートで飲むと美味しくないです。

ストレートなら最低でもブラックでしょう。

引用元:アマゾン

 

ちょっと味はきつい。

レモンと氷は必須です。

初心者はやめたほうがいいかも

引用元:アマゾン

 

コスパは素晴らしいですが、そこまで過剰に評価するものでもありません。

香りが主観ですがビニールのような感じであまりそそられません。

味もスモーキーさは感じられますが深さはないです。

ロックでは飲みたくないな・・・というのが感想です。

ハイボールにするならコスパ的に良いと思います。

引用元:アマゾン

 

うまいと感じた口コミ

 

ピートの強さ。

それが一貫して変わっていないのがこのウイスキーのブレない強さ。

ハイボールにしても美味しいピートの強さ。

なかなかここまでのコスパを誇るスコッチウイスキーは無いです。

引用元:アマゾン

 

ロックはダメだけど、ハイボールならこれです!

スッキリとした味がいいです。

引用元:アマゾン

 

晩酌用に購入しましたが、この価格帯にしてなかなか美味しかったです。

もっぱらハイボールで飲みますが、これなら水割りもいいかも!と思いました。

引用元:アマゾン

 

・・・ジョニ赤の口コミでした!

 

ジョニ赤に口コミってアマゾンや楽天などにイロイロあります。

気になる方はチェックしておくと良いでしょう。

⇒ アマゾンのレビュー

⇒ 楽天のレビュー

 

そもそもどんなウイスキーなの?

ジョニ赤は通称で正式には『ジョニーウォーカー レッドラベル』とか『ジョニーウォーカー 赤ラベル』が正しいみたい。

でも「ジョニ赤!」っていう方がツウっぽくて良いかも?

そんなジョニ赤はキーモルト(メインの原酒)を『タリスカー』とする30から40種類もの原酒をブレンドしたブレンデッドウイスキーです。

クセのあるスモーキーさが特徴で、何かで割って飲むのがお薦めのウイスキーです。

ボトルは四角い感じで角ばっているのが特徴だし、ラベルが斜め(24度らしい)になっているのも特徴ですね。

 

ジョニ赤はジョニーウォーカーでも1番安いランクで家電でいうとエントリーモデルって感じかな。

上には黒ラベルのジョニ黒、緑ラベルのジョニ緑などがあります。

ジョニ赤自体はたいていのスーパーやディスカウントショップに置いてあるので1番手にしやすいウイスキーと言えます!

 

そんなジョニ赤の原産地はイギリスはスコットランド。

原材料はモルト、グレーン。

アルコール度数は40度、シングル(30ml)あたりの純アルコール量は9.6g。

容量は700ml、1000ml、1750ml、200mlの4タイプ。

カロリーなどの栄養素は公式サイトに記載がないので不明です。

⇒ ジョニーウォーカー公式

 

ただ、ジョニ赤とよく比較されるウイスキーに『サントリーの角瓶(アルコール度数40度でジョニ赤と同じ)』があるのですが、この角瓶の場合はカロリーなどの栄養素が公開されているのでご紹介しますね。

それによると、サントリーの角瓶のカロリーは30mlで67kcal、100mlで223kcalだそう。

加えてウイスキーは蒸留酒のため糖質や脂質、タンパク質などはゼロです。

ジョニ赤もカロリーなどはソックリ同じではないでしょうが近い数値ではあると考えられますので参考にしてみて下さい!

⇒ サントリー公式(栄養成分一覧)

 

合うおつまみを教えて!

ジョニ赤(ジョニーウォーカー レッドラベル、ジョニーウォーカー 赤ラベル)っていわゆる『洋酒』に分類されるから洋食が1番合うって思ってませんか?

もちろんジョニ赤って洋食にも合うけど、実は和食や中華などにも合うんですよ。

ですからおつまみの事を考えると無数に候補はあると言えます!

 

あくまで個人的ですが、ロックはハムやソーセージ、チーズ、ドライフルーツ、チョコなど洋風が合う感じ。

ハイボールは飲み心地がスッキリしているので油っこいもの、例えば中華や揚げ物全般、肉料理などが合う感じ。

水割り(お湯割り)はその風味の高さからアッサリしたもの、例えば和食や和え物、刺身など魚料理が合う感じ。

 

あと意外とよくおつまみに食べるのがスナック菓子。

ポテチやかっぱえびせん、サッポロポテトやコメッコなどもジョニ赤のおつまみには合いますよ。

この場合、ロックや水割り(お湯割り)よりもハイボールが合う感じです!

 

まぁ結局の所、ジョニ赤のおつまみなんて自分が食べたい物を食べればOK。

食べたい物を食べて飲みたいだけ飲む。

コレが酒を飲む時の1番至福の時だと思います!

 

ジョニ赤とジョニ黒の違いって何?

知っての通り、ジョニ赤よりもジョニ黒の方がウイスキーとしてのランクは上で価格も高いです。

その理由はジョニ赤とジョニ黒の熟成年数やキーモルトの種類、ブレンドしている原酒の数が違うから。

 

熟成年数はジョニ赤は明らかにされていませんが比較的早めと思われ、ジョニ黒は12年以上というジックリと時間をかけて熟成されている。

キーモルトの種類もジョニ赤は『タリスカー』『カーデュ』『カリラ』で、ジョニ黒は『タリスカー』『カーデュ』『ラガヴーリン』。

ブレンドされている原酒の数もジョニ赤は30種類以上、ジョニ黒は40種類以上。

価格もジョニ赤は1,000円くらいだけど、ジョニ黒は2,000円以上と2倍の差。

 

・・・こういった違いがジョニ赤とジョニ黒にはあるんですね!

 

もちろん、ジョニ赤とジョニ黒では香りや味にも違いがあります。

香りはスモーキーさで言えばジョニ赤の方が強い感じがあり、ジョニ黒はよりマイルドなスモーキーさって感じ。

味はジョニ赤の場合は先に述べた通りですが、ジョニ黒はより甘みが強かったりよりまろやかで奥深い味わいがあったりして熟成された感じがありますね。

ジョニ赤とジョニ黒の風味にはこんな違いがある感じです。

 

以上、ジョニ赤とジョニ黒の違いを簡単にですがご紹介しました!

 

あと、ぶっちゃけて言うとジョニ赤もジョニ黒もどっちも「うまいウイスキー」であることに違いはありません。

要は懐具合の問題で、余裕がある時はジョニ黒を飲み、シビアな時はジョニ赤を飲むのが実情かな。

個人的にはお財布事情の違いが1番の問題でどっちを買うかが決まるお酒って感じですね・・・

 

価格は1,000円くらいでコスパ最強!

ジョニ赤の価格は大体ですが1,000円前後くらいが多い印象です。

個人的には980円くらいから1,200円くらいの価格帯って感じ。

どこにでもあるイオンでもたまーに980円で売っているのを見かけますし。

この価格帯でジョニ赤の風味を考えるとコスパはかなり高いと言えるでしょう。

1,000円前後のウイスキーって色々とありますが「まずい」「うまい」が混同しているので、迷ったならジョニ赤を選べばまず間違いはないと思いますよ。

安い価格ですが飲み方次第ではかなりうまいウイスキーになるのでお薦めです!

 

 

 
★ジョニ赤とよく比較されるウイスキーレビュー!
 

 

タイトルとURLをコピーしました