アサヒ生ビール(マルエフ)はまずい?実際に飲んだ感想は?

アサヒ生ビール(マルエフ)がまずいって感想があるけど本当なのでしょうか?実際にアサヒ生ビール(マルエフ)を飲んでまずいのか?うまいのか?味をレビューしてみました!その結果は?

 

アサヒ生ビール(マルエフ)は全然まずいと感じなかった!

2021年11月に1993年の販売終了以来28年ぶりに復活再販したアサヒ生ビール(通称マルエフ)の缶が「まずい!」「美味しくない!」って感想があるのを知っていますか?

そこで本当にアサヒ生ビール(マルエフ)がまずいのか?あるいはうまいのか?を確かめるため実際に飲んでみました!

あくまで個人的なレビューになりますが、アサヒ生ビール(マルエフ)の味は特に「まずい!」とは感じなかったというのが正直な感想です!

※白缶と黒缶がありますがココでは白の方

 

まず、アサヒ生ビール(マルエフ)の味レビューを詳しく説明するとこんな感じ。

 

香りは麦芽の香りはあるものの特にキツい感じではなくスーパードライに似た爽やかさを感じました。

味は麦芽感やホップ感がしっかりとして深みがある感じ、スーパードライほどではないけどキレもソコソコある。

ビールの苦味は中々に強めでコクがしっかりあり「ビール」って感じがかなり強め!

かと言ってそこまでクセがあるわけでもなく若干のマイルドさも感じるのでうま味とのバランスが良い感じ。

のど越しもしっかりあるがスーパードライを飲んだ時みたいな「プハァ!」って感じの飲み心地はなく、どちらかと言えば優しい感じの飲みやすさが勝っていると思う。

だから1杯をすぐ飲めちゃう。

ただ、泡切れが意外と早いのが残念ポイントかな。

ビール自体の色は薄め。

ちなみに缶はレトロデザインだけどかなり柔らかくペコペコでちょっと持ちにくい・・・

 

・・・以上がアサヒ生ビール(マルエフ)を飲んだレビューでした。

 

見て頂いたように、アサヒ生ビール(マルエフ)は「まずい」という味のビールではなく、苦めのビールが好きな方、ビール感が強めが好きな方にはお薦めっていうのが正直な評価。

だからビールの『苦味』が苦手な方にとってはまずいビール、美味しくないビールっていう感想になるのかも知れませんね。

個人的にはビールの苦味って強い方が好きなのでアサヒ生ビール(マルエフ)は「うまい!」「美味しい!」と感じましたけど!

 

ぶっちゃけ、ビールの味って好みがかなり分かれます。

アサヒ生ビール(マルエフ)もそうで「まずい!」と感じる方も居れば「うまい!」と感じる方も居ます。

あなたがどっちかは分かりませんが、1度は実際にアサヒ生ビール(マルエフ)を飲んでみて下さい。

そしてあなた自身の舌で味が「まずいか?」「うまいか?」を判断してみて下さいね!
 

 
★アサヒ生ビール黒生のレビューもあるよ!
 

 

ビール好きならクラフトビールもお薦め!

アサヒ生ビール(マルエフ)はまずいことはなく「苦めのビールが好き」とか「ビール感が強めが好き」な方にはうまいビールだと先に言いました。

そういう方にはアサヒ生ビール(マルエフ)も良いけど『クラフトビール(地ビール)』も中々にお薦め。

全国には色々なクラフトビールがありますので、苦味やビール缶がより強いビールもあるんですね。

もしそういったクラフトビールに興味がある方には『DREAMBEER』というビールサーバーが便利で、日本でクラフトビールを製造している50社から100銘柄以上のビールを選べるサービスです。

さすがに100銘柄あればあなたの好みにピッタリ合うビールが見つかるはず。

探すのは大変かもしれませんが、アレコレと飲んで色んな銘柄を試して行くのも楽しいものですよ。

「苦めのビールが好き」とか「ビール感が強めが好き」な方はぜひ『DREAMBEER』で自分好みのビールを探してみて下さい!

 
★多彩なビールをご自宅で楽しめる!★

⇒ DREAM BEERの詳細はこちらから!



 

飲んだ方の口コミも見てみよう!

アサヒ生ビール(マルエフ)を飲んだ他の方の口コミも見ておくと参考になります。

 

まずいと感じた方の口コミ

店頭で見かけないのでAmazonで購入しました。

発売当初に呑んだものとは味ものどごしも違った。

まろやかさがなく、あっさり辛口な感じで、これは本物かな?と皆で話していました。

とりあえず1人1本は呑みきりましたが

2本目は違うものに変えました。

引用元:アマゾン

 

少し薄く、後味が少し苦い、かな?

期待したようなまろやかさや旨味、香りなどは感じず

リピはありませんね、元のビールに戻す予定

引用元:アマゾン

 

昔は大好きだったんですが、自分の舌が肥えたのか好みが変わったのか、はたまた味が変わったのか・・・なんといってもコクがないですね。

淡白な味と言えばそれまでですが、発泡酒を買うのとどう違うのか・・・

引用元:アマゾン

 

うまいと感じた方の口コミ

普段に飲んでいるハイネケンやカールスバーグに似てとても飲みやすいのですが、後味にちゃんとホップの苦味が感じられるのが特徴。

更に雑味がなくクリアな味わいは、どんな料理とでも合いそうです。

計らずも飲んだ瞬間思わず浮かんだ言葉が「こういうのでいいんだよ」でしたw

引用元:アマゾン

 

マイルドなコクがある感じで個人的には好みです。

スーパードライが好きな人には向かないかもしれません。

引用元:アマゾン

 

ドライ系のキリッとしたビールが好きな人には物足りないかもしれませんが、苦味を抑えながらもビールの味はしっかりしています。

飲み飽きず最後まで飲み切れるまろやかな味わいです。

引用元:アマゾン

 

昔のビールということで初めてこのビールを飲みましたが、家庭で飲めるビールの中で1番好きです!

飲みやすいし柔らかい!

昔のものが美味しいって凄い!!

引用元:アマゾン

 

・・・以上、アサヒ生ビール(マルエフ)を飲んだ方の口コミでした。

 

まずいと感じた方、うまいと感じた方それぞれ意見が真逆だったり違いがハッキリしていて興味深いですね。

もっと口コミを知りたい場合はアマゾンや楽天にたくさんありますので見ておくと良いでしょう!

⇒ アマゾンでレビューをチェック

⇒ 楽天でレビューをチェック

 

アサヒスーパードライとの味の違いをレビュー!

アサヒ生ビール(マルエフ)とよく比較されるのがスーパードライです。

昔、スーパードライの販促のためにアサヒ生ビール(マルエフ)の販促を縮小したっていう経緯もあるのである意味因縁の仲ってことかな?

アサヒ生ビール(マルエフ)の味については先にレビューしているのでそちらを参考にしてもらって、ココでは簡単にスーパードライの味を述べて行きたいと思います。

 

飲んだ瞬間、うま味やコクをギュッと感じられるし苦味がやや薄いのでビールとしてはかなり飲みやすい部類かな。

コクはスーパードライの方が強めだと思う反面、苦味はアサヒ生ビール(マルエフ)の方が強めなので好みが分かれそう。

そしてのど越し!

スーパードライと言えば喉を通るキレッキレで刺激のある飲み心地がウリですよねぇ。

こののど越しの良さを求めてスーパードライを飲む方も多いでしょうし個人的にもそう。

のど越しに関してはとてもアサヒ生ビール(マルエフ)に勝ち目はなさそうです!

 

ちなみに、スーパードライの香りに関してはアサヒ生ビール(マルエフ)とあまり違いはない感じ。

ただ、麦芽の香りは豊かにある感じな上スッキリ感が強く爽やかさを感じられるのはかなりポイントが高いと思いました!

 

以上が、アサヒスーパードライの味のレビューでした。

先に述べたアサヒ生ビール(マルエフ)の味のレビューを参考にその違いを比べてみて欲しいと思います!
 

 

 
★アサヒの他のビールレビューもどうぞ!
 

 

カロリー・プリン体や原材料などが気になる方へ!

アサヒ生ビール(マルエフ)のカロリーやプリン体などの栄養成分、原材料がコチラです。

 

カロリーなどの栄養成分(100lあたり)

・エネルギー:41kcal

・たんぱく質:0.1~0.5g

・脂質:0g

・炭水化物:3.0g(糖質:3.0g、食物繊維:0~0.2g)

・食塩相当量:0~0.02g

・プリン体:6.2mg

・アルコール分(度数):4.5%

・純アルコール量(g):3.6g

引用元:アサヒ生ビール公式サイト

 

・・・こんな感じ。

 

アサヒスーパードライが、

・エネルギー:42kcal

・たんぱく質:0.2~0.4g

・脂質:0g

・炭水化物:3.0g(糖質:3.0g、食物繊維:0~0.2g)

・食塩相当量:0~0.02g

・プリン体:5~6mg

・アルコール分(度数):5%

・純アルコール量(g):4g

引用元:アサヒスーパードライ公式サイト

 

・・・となっているので比べてみると、アサヒ生ビール(マルエフ)の方がカロリーはホンの少しだけ低めだけどプリン体はチョイ高めって感じ。

 

原材料

麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ

※麦芽の製造地例:カナダ、オーストラリア、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、チェコ、日本等

引用元:アサヒ生ビール公式サイト

 

・・・こんな感じ。

 

一方、スーパードライはと言いますと、

麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ

※麦芽の製造地例:カナダ、オーストラリア、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、チェコ、日本等

引用元:アサヒスーパードライ公式サイト

 

・・・となっており、アサヒ生ビール(マルエフ)と全く同じ。

原材料に関してはアサヒ生ビール(マルエフ)もスーパードライも違いはないってことですね!

 

合うおつまみは何がある?

個人的にアサヒ生ビール(マルエフ)を飲んだ時のおつまみが『ハマチの刺身』『焼き鳥(もも・皮・ねぎま)』『カラアゲ』『柿の種』だったんですよ。

この時のおつまみから、あっさり味系、肉など脂っこい系、スナック系と意外にもジャンルを問わずにおつまみになることが分かりました。

アサヒ生ビール(マルエフ)はそれ自体にコクやうま味、苦味などがしっかりとある方。

だからおつまみの味の濃い薄いに関係なく合うし、しかも味負けすることもなしに飲んで行けると感じましたね。

そのため、アサヒ生ビール(マルエフ)を飲む時、あなたが食べたいおつまみを選べば良いと思います。

 

ちなみに、今回アサヒ生ビール(マルエフ)を飲んだ時のおつまみの中では焼き鳥とカラアゲがかなり合う感じで美味かったですよ。

肉々しい風味と肉のジューシーさがすごくマッチしている感じでした!

 

なんで(なぜ)マルエフって言うの?

マルエフって言うのは公式サイトによると社内で使われていた商品の『開発記号』だったそうです。

アニメのガンダムで言えばRX-78っていう型式番号的な感じ?

で、マルエフのマルの由来は分かりませんが、エフは英語の『フェニックス』の頭文字が由来だそう。

ただし、フェニックスって綴りは「PHOENIX」で頭文字はエフじゃなくてピーですよね?

コレ実は担当者さんの勘違いで付けてしまったそうで、後で修正され『フォーチュン(FORTUNE)』由来に変更されたそうです。

エライ間違いだったけど代わりにナイスな単語があって良かったですねぇ!

 

ちなみに、アサヒ生ビール(マルエフ)は今回復活再販されましたが、それは缶の話。

実は一部の飲食店や居酒屋では樽生のみ(樽にビールサーバーを繋いで注ぐ)で販売はされて続けていたんですよ。

だから何十年も存在することは存在していたビールってわけ。

ただホント一部のお店でしか飲めなかったので『幻のアサヒ』と言われていたビールでもあるんですね!

⇒ 詳細はアサヒ生ビール公式でチェック

⇒ アサヒビール会社のニュースリリース

 

価格情報!どこで売ってる?

アサヒ生ビール(マルエフ)は2021年11月に復刻されるや瞬く間に売り切れとなり一時的に販売中止になった経緯があります。

でも現在は安定して供給されており、多くのスーパーやコンビニなどで手軽に買うことができます。

最近ではガッキーがCMに出て話題になってましたねぇ。

 

そんなアサヒ生ビール(マルエフ)には白と黒の缶があり価格は近所のイオンでは350ml缶が税込202円、500ml缶が税込259円でした。

イオンでも店舗で価格は異なりますのでこれらの価格は参考程度でお願いします。

 

ちなみに、アサヒ生ビール(マルエフ)をアマゾンや楽天でケース買いすると1本当たりの単価が安くなる場合があります。

送料無料が大前提ですが探せばあることはあるので、できるだけ安く買いたい場合はネット通販を利用すると良いですよ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました