淡麗グリーンラベルはまずい?実際に飲んでみた結果は?

淡麗グリーンラベルがまずいと言う声がありますが本当なのでしょうか?実際に淡麗グリーンラベルを飲んでみて「まずいのか?」「うまいのか?」の味レビューをしてみました!その結果は?

 

淡麗グリーンラベルはまずいことはないがビールとは違う味!

キリンの淡麗グリーンラベルを実際に飲んでみて感じたのは、「まずい!」ことはなくて「そこそこうまい!」ってことでした。

発泡酒なので本物のビールと同じ風味ではないのは当たり前ですが、『ビールテイスト飲料』というカテゴリーということを考えれば全然アリの味です。

以下、淡麗グリーンラベルを飲んでみた個人的な感想レビューを述べてみますね!

 

香りはビールとは違って麦芽の香りはやや薄めだけどマイルドさがある感じ。

そもそも麦芽の使用率が25%未満だそうだから香りが薄めなのは仕方がないのかな?

味は飲んだ瞬間発泡酒にありがちな甘い感じがするけど、麦芽の味はソコソコ感じられる。

ビールとは違ってホップの苦味は薄めなので比べるとやや物足りないさもあるが、発泡酒ということを考えれば美味しい部類だと思う。

全体的に薄めであっさりした味だから本物のビールよりは飲みやすさは上、ビールが苦手な方でも飲める感じ。

喉越しはしっかりあって、喉を通る瞬間「プハァ!」って感じられるのはビールっぽくて良い。

泡自体は意外とクリーミーだが、泡切れはやや早めだった気がした。

 

以上が淡麗グリーンラベルを飲んでみた感想レビューでした!

 

見て頂いたように、淡麗グリーンラベルは「まずい」発泡酒ではなくて「そこそこうまい」って先に言った意味がお分かりになったかと思います。

本物のビールの風味を期待して飲むとイマイチと感じる方が多いと思いますが、発泡酒と考えて飲むと中々にうまいと感じるビールテイスト飲料だと言えますね。

そのため、「淡麗グリーンラベルはビールではなくて発泡酒!」という考えを前提にして飲むと全然イケると思いますよ!

 

ちなみに、淡麗グリーンラベルが「まずい!」と感じる方は、発泡酒ということもありますが『糖質70%オフ』ということを忘れているのでは?

糖質ってビールで言えばうま味やコクの元になる成分なんだけど、それを70%もオフすればそりゃ味自体が薄くなるのは当たり前。

そこでキリンはオフした糖質の代わりに独自の製法でうま味やコクを別途加えているんですよ。

ただ、それでも本物のビールには及ばずまずいわけじゃないけど違った風味になっているのはある意味仕方がないことだと言えますね。

こういったことを踏まえた上で淡麗グリーンラベルを飲むと良いと思います。

それでも「まずい!」って感じるなら淡麗グリーンラベルのような発泡酒ではなくて本物のビールを飲むしかないでしょう!
 

 

クラフトビールを飲んでみる!?

淡麗グリーンラベルのような発泡酒で「まずい」と感じているなら市販の本物のビールを飲んでも良いけど、趣向を変えてクラフトビール(地ビール)を飲むのもアリ。

お薦めは『DREAMBEER』で、全国50社100銘柄以上のクラフトビールから好きなブランドを選べるビールサーバーです。

これだけの数の銘柄から自由に選べるので、きっとあなたに合う、満足できる銘柄もあるはず。

淡麗グリーンラベルが「まずい」と感じるなら、こういったクラフトビールから合うビールを探してみてはいかが?

中にはトンデモなく美味い銘柄もあるので新しい発見があるかもね?

⇒ 多彩なビールをご自宅で楽しめる!【DREAM BEER】の詳細はコチラ!



 

他の方が飲んだ感想やレビューをチェック!

淡麗グリーンラベルを飲んだ他の方の感想やレビューも見ておくと参考になります。

まずいと思った方、うまいと思った方の感想やレビューをご紹介しますね!

 

まずいと感じた方の感想やレビュー

リニューアル後、個人的には好きな味ではなくなりました。

気のぬけたビールの味。

そしてやたら腹に溜まる。

なんかこんな味の別の発泡酒があったなあ。。

爽やかだった今までの味に戻してほしい。

今まで気に入ってかなり飲んで来ただけに残念です。

他の美味しい発泡酒を探さなくては。。。

引用元:アマゾン

 

いつも飲んでいたら気付きませんか?

なんだか新しくなってから、飲み応えが急激になくなりました。

私は高知県の人間ですが、地元の言葉で言うところのたっすくなったという感じです。

要はコクがなくただただ薄いという感じでしょうか。

ノンアルコールビールテイスト飲料に少しだけアルコールを混ぜた感じです。

ずっと愛飲してきましたが、これを期に金麦の75オフにでも移ろうかと思案中です。

引用元:アマゾン

 

身体を気にするなら、これで良いと思う。

でも、やはり、普通のビールに慣れている人からすると、味が物足りないと思う。

引用元:アマゾン

 

 

うまいと感じた方の感想やレビュー

ご飯を美味しく食べたいときは決まってこれを飲みながら食べます。

グリーンラベルは味がすっきりしてて食べ物との相性が抜群にいいんですよね。

僕だけですかね?

引用元:アマゾン

 

軽めながらも、のどごし感もあり

アルコールも控えめで体にも良さそう

うますぎて飲みすぎるかも?

引用元:アマゾン

 

軽くて飲みやすい。

健康にも悪くない?

他の糖質ゼロより美味しい。

引用元:アマゾン

 

スッキリしていて飲みやすく、おいしいです。

糖質70%オフでアルコール度数も4%と低めで、体重を気にしてる方にはぴったりなんじゃないでしょうか。

引用元:アマゾン

 

・・・以上、淡麗グリーンラベルの感想やレビューでした!

 

もっと淡麗グリーンラベルの感想やレビューを知りたい場合はアマゾンや楽天などのレビューを見て下さい。

かなり多くの方がレビューしていますので参考になりますよ!

⇒ アマゾンのレビューを見る!

⇒ 楽天のレビューを見る!

 

カロリーや糖質などの栄養素について

淡麗グリーンラベルのカロリーや糖質などの詳細はキリンの公式サイトに記載があります。

それによると100mlあたり、

・エネルギー:28kcal
・タンパク質:0.1g
・脂質:0g
・炭水化物:0.5~1.2g(糖質:0.5~1.1g、食物繊維:0~0.1g)
・食塩相当量:0g
・プリン体:2.0g

引用元:キリン公式(原材料名・栄養成分等一覧)

 

・・・となっています。

 

キリンと言えば一番搾りやラガービールが有名ですが、参考までに各カロリーや糖質がこちら。

一番搾りは100mlあたりカロリーが40kcal、炭水化物は2.7g(糖質は2.6g、食物繊維は0~0.2g)。

キリンラガーは100mlあたりカロリーが41kcal、炭水化物は3.1g(糖質は3.0g、食物繊維は0~0.2g)。

引用元:キリン公式(原材料名・栄養成分等一覧)

 

これら一番搾りとキリンラガーのカロリーや糖質を淡麗グリーンラベルと比べてみると、淡麗グリーンラベルの方がグンっと低くなっているのが分かります。

カロリーや糖質など健康のことを考えている、あるいはビールは体に悪いと考えているなら一番搾りやキリンラガーよりも淡麗グリーンラベルの方を飲むと良いでしょう。

味は劣りますが体には良いと思いますので!

 

原材料について

淡麗グリーンラベルの原材料もキリンの公式サイトに記載があって公開されています。

それによると、

麦芽、ホップ、大麦、コーン、糖類(国内製造)

引用元:キリン公式

 

・・・となっています。

 

淡麗グリーンラベルは麦芽の使用率が25%未満となっており50%以上のビールと比べると風味が薄くなるため、ビールっぽい風味を出すために副原材料や糖類などを使用しています。

これは他の発泡酒にも言える事で、淡麗グリーンラベルだけのことではありませんので知っておいて下さいね!

 

ダイエットや痩せるのにお薦めは本当か?

淡麗グリーンラベルはダイエット中の方や痩せるために飲むことは全然アリです。

先に述べた一番搾りやキリンラガービールとのカロリーや糖質の比較でもお分かりの通り、淡麗グリーンラベルの方がカロリーも糖質も少ないですから。

 

そもそも太る大きな原因の1つがカロリーの摂り過ぎや糖質の摂り過ぎです。

淡麗グリーンラベルなら100mlあたりカロリーは28kcal、糖質は0.5~1.1gですからかなり少ない!

これなら1缶くらい飲んでもダイエットにはほぼ影響は出ず太らないと思われます。

今現在痩せることに努力しているのなら、本物のビールよりも淡麗グリーンラベルの方がダイエットには適していると言えるでしょう!

 

ちなみに、淡麗グリーンラベルには350ml缶と500ml缶がありますが、350ml缶だとカロリーは98kcal、糖質は1.75~3.8g。

500ml缶だとカロリーは140kcal、糖質は2.5~5.5gとなります。

どちらも普通のビールよりも数値は低くなりますが、だからと言って毎日何本も飲むとやはりカロリーオーバー、糖質オーバーになるので注意して下さいね!

 

どんなおつまみが合いそう?

淡麗グリーンラベルの味は先に述べたように薄めですがアッサリしており飲みやすいのが特徴です。

このような味ですから濃い味付けのおつまみや油っこいおつまみは相性が悪そうに思えますが・・・実は逆!

薄めでアッサリ味だからこそ、濃い味付けのおつまみや油っこいおつまみでコッテリしたお口をサッパリさせてくれるんですよ。

 

例えば個人的に淡麗グリーンラベルとよく食べるおつまみが揚げ物。

唐揚げやメンチカツ、ハムカツなどを食べる時によく飲みますが、サッパリとした飲み心地が油で充満しているお口をリセットしてくれて次々と揚げ物を食べれるようにしてくれます。

あるいはレバニラやホイコーロー、豚の角煮など濃い味付けのおつまみも同様にリセットしてくれて食欲を増進させてくれます。

 

こんな感じで淡麗グリーンラベルは濃い味のおつまみ、油っこいおつまみにも合うのでぜひ一緒に飲んでみて下さい。

ただ食べ過ぎには注意して下さい。

せっかく淡麗グリーンラベルを飲んでいるのにおつまみで太ってしまうと意味がなくなるので!

 

淡麗グリーンラベルの価格はどのくらい?

淡麗グリーンラベルの価格ですが参考までに近所のイオンだと、350ml缶が税込145円、500ml缶が税込199円でした。

価格は販売店ごとに違いはあると思いますが、350ml缶なら大体150円程度、500ml缶なら200円前後って感じかな。

あくまで目安なので、あなたが淡麗グリーンラベルを買う場合は事前に近所の販売店で価格をチェックしておきましょう!

 

あるいは、ネット通販で淡麗グリーンラベルの6缶パックや24缶パックなどまとめ買いをすると1缶あたりの価格が安くなることがあります。※送料無料の場合

アマゾンや楽天などで通販できますので価格チェックをしておくことをお薦めします!
 

 

糖質を徹底してオフしたいならサプリが便利!

淡麗グリーンラベルは『糖質70%オフ』がモットーな発泡酒で、実際糖質も100mlあたり0.5~1.1gですから糖質が気になる方には強い味方。

ダイエット中の方でも糖質制限中の方でも飲める発泡酒と言えます。

ただ、「もっと糖質を徹底してオフしたい!」っていう方も居ると思いますので、そのような方にはサプリを飲むことをお薦めします。

いわゆる糖質の吸収を抑制したり、遅らせたりする作用のある成分を配合したサプリのことですね。

こういったサプリの作用によって、太らないとか痩せるなどの効果が期待できるってわけ。

例えば、『糖質スーパープレミアムダイエット』というサプリが有名。

糖質オフをサポートする成分を2種類配合しており、1日2粒飲むだけで良いからケアも簡単にできます。

徹底的に糖質をオフしたいならこういったサプリを飲むことも全然アリだと思いますよ。

1度『糖質スーパープレミアムダイエット』をチェックしてみて下さい!

⇒ ザ・糖質スーパープレミアムダイエットの詳細はこちらから!




 

タイトルとURLをコピーしました