ウィルキンソン ジンはまずい?美味しい?どっち?

ニッカ ウィルキンソン ジンはまずいのか?美味しいのか?を定番の飲み方でチェックしてみました。ウィルキンソン ジンの味が知りたい方には参考になるかも?飲み方次第で全然味は変わるっぽい!?

 

ウィルキンソン ジンがまずいは飲み方次第!

ウィルキンソン ジンが「まずい」か「美味しい」かはその飲み方(割り方)で違いがあります。

まずい味になる飲み方、美味しい味になる飲み方があるってことですね。

ココではジンの割り方の中でもいわゆる定番の飲み方で味をチェックしてみました。

ウィルキンソン ジンの味が気になっている方の参考になれば幸いです!

 

ストレート

香りはジン特有のスパイスやハーブ感もあるがアルコールっぽさもソコソコある感じ。

味はジンの風味が割としっかりあってスパイスやハーブ感はやや強め。

ただ、のど越しはかなりキツイ。

個人的にはまずいってことはないけど「1度飲めば良いや!」っていう飲み方でした。

全体的に大きく好みが分かれる飲み方かな。

 

ロック

香りはストレートよりアルコールっぽさはずいぶんとマシ、その分ジンのスパイスやハーブ感がより強くなっている。

味はジンのうまみもあるが苦味も同時にありちょうど良い感じで意外とバランスが取れている。

氷のためかのど越しはストレートよりも良いが、やはりアルコールっぽさが若干残っているのが気になるかな。

こちらも好みが結構分かれる飲み方だけど、個人的には「まずい」とは思わなかった飲み方。

 

ジントニック

まぁ、ジンと言ったらこの飲み方でカクテルとしての定番ですね。

ウィルキンソン ジンもそう。

ジンのスパイスやハーブから来るうま味や苦味とトニックウォーターの甘さが良い具合に混ざり合って味は中々美味しい。

そこへレモンやライムを入れるとキリリと味が引き締まる。

ただ、ジンとトニックウォーターの割合を間違えると甘ーくなってトンデモない味に!

個人的には甘いのが苦手なので、ウィルキンソン ジン:トニックウォーター=1:3か1:4程度が無難な割合かな。

 

ジンソーダ

最近人気上昇中のジンソーダ(ジンリッキーとも言う)。

ジンと炭酸割り(ソーダ割り)のことでジン版のハイボールって考えると分かりやすいでしょう。

 

香りはジンのスパイスやハーブ感が強めでアルコールっぽさはほぼなくなっている感じ。

味もうまみや苦味がちょうど良いバランスで、かつ、氷と炭酸水で風味がより強く感じられて美味しい。

のど越しは氷のひんやりさと炭酸水(ソーダ水)のシュワシュワ感で飲みやすさはかなり良い。

ただ、炭酸水との割合次第では味が薄くなるので要注意。

個人的にはウィルキンソン ジン:炭酸水=1:3くらいがちょうど良い割合でしたね!

 

お湯割り

意外と知らない方が多いジンのお湯割り(ホットジンと言う)。

実はかなり風味が高くなって美味しく飲める割り方なんですよ!

 

香りはジンそのものの香りを楽しめてアルコールっぽさは全然ない。

味はジンのスパイスやハーブを十分に感じられ、苦味もなく風味がすごく豊かに感じられる。

多分、風味は1番高く感じられる飲み方かと。

ただ、お湯は熱々はダメで70度くらいが良いくらい。

こちらもお湯との割合次第では味が薄くなるので要注意。

個人的にはウィルキンソン ジン:お湯=1:3くらいの割合が1番風味豊かに感じられると思う!

 

・・・以上、ウィルキンソン ジンをストレート、ロック、ジントニック、ジンソーダの定番とお湯割りでの飲み方チェックでした。

 

トータル的にウィルキンソン ジンはどんな飲み方をしても「まずい」とは感じないという結果でした。

あえて言えばストレートかロックかな?

もちろん好みの問題もありますのであくまで目安ですけど、案外どんな飲み方にも合うジンだと思うのが正直な感想です。

まぁウィルキンソン ジンの飲み方で迷ったらジントニックが良いと思うし、飲みやすさならジンソーダ、風味を堪能したいならお湯割りって感じかな。

個人的にはウィルキンソン ジンのお湯割りが今1番のお気に入りですけどね。

定番の飲み方も良いけど、あんまり定番じゃない飲み方をしてみてもまずいことはなく「美味しい」こともあるのでぜひイロイロ試してみて下さい!
 

 

お湯割りなら水、ジンソーダなら炭酸水にこだわろう!

ウィルキンソン ジンは意外とお湯割りが美味しいと先に言いましたが、使用する水にこだわるとより美味しさがアップします。

具体的には品質の良い水を使うことで天然水などが良いでしょう。

市販の天然水などでも良いけど、お薦めは使い勝手が良くて品質も高いウォーターサーバーの水!

最近は日本各地の名水とか天然水を使用しているウォーターサーバーが多いので、手軽に品質の高い水が飲めるのが大きなメリットですね。

ウォーターサーバーなら水でもお湯でもいつでも飲めるからかなり便利。

ウィルキンソン ジンのお湯割りを飲む場合もこのウォーターサーバーの水(お湯)を使うと良いですよ。

風味がより高くなってウィルキンソン ジンを楽しんで飲むことができますから!

 
※お薦めのウォーターサーバーは『デイリーウォーター』!
※サーバー無料、送料無料でお得に飲んで行ける!

 
⇒ 【デイリーウォーター】の詳細はこちら!




 

また、ウィルキンソン ジンでジンソーダを飲むなら同じような理由で炭酸水にこだわるとより美味しいジンソーダが飲めます。

その際に便利なのが炭酸水メーカー。

あなた好みの炭酸水を自由に作れ、あなたに合ったジンソーダを手軽に飲むことができますからね。

やはり風味が高くなって、よりジンソーダを楽しんで飲むことができますのでお薦めです!

 
※お薦めの炭酸水メーカーは『e-soda』!
※500mlボトルなら1本あたり約18円で作れてお得!

 
⇒ 【e-soda】の詳細はこちらから!



 

実際に飲んだ方の評価や口コミはどんな感じ?

ウィルキンソン ジンを飲んだ方の評価や口コミも見ておくと参考になります。

 

悪い評価や口コミ

自分には少々キツイ。

アルコールがキツく風味がない感じですかね。

混ぜるならいいかも。

引用元:アマゾンレビュー

 

安くてボトルもスマートで良いのですが、味や香りはそれなりでしょうか。

カクテルに使うのなら良いかと思いますが、ストレートは厳しそう。

引用元:アマゾンレビュー

 

安いのでどうかと思って購入しましたが、やはりそれなり、かな。

ロックで飲んでも私にはちょっとパンチに欠ける味でした。

なんかクラブとか安いバーで出されるようなジントニックの味を想像しました。

ちょっと甘いというか。辛めが好きな方には向かないと思います。

引用元:アマゾンレビュー

 

良い評価や口コミ

ジンが好きです

もっと高いジンもイロイロありますが

コストパフォーマンスでこれをリピートしています

普段飲みでは十分な味ですし

ボトルもシンプルですが安っぽくはありません

高いジンは特別な日だけで良いのです

引用元:アマゾンレビュー

 

アルコール度数が高めのジンを探していました。

この商品を主にトニックウォーターで割って愉しんでいます。

ほんのりと柑橘系のようなフレーバーがあり、ライムが無くてもジントニックのような味わいがあって、気に入っています。

値段が安いのも家呑みにはコスパが良いです!

引用元:アマゾンレビュー

 

コスパ最高です。

味もウィルキンソン。

そのまんまです。

この値段でウィルキンソン。

ストレートやロックレモン、トニック割り、定番にしてます。

引用元:アマゾンレビュー

 

炭酸割りなら個人的にはボンベイやタンカレーより旨いと思います。

香りが弱いと言う方もいらっしゃいますが、香りの種類が違うだけで十分強いと思います。

爽やかさ方向の香りがキンキンに冷えた炭酸によく合います。

フィディックでオールシーズン、でもサッパリぐいっと行くならウイスキーよりジンですね。

引用元:アマゾンレビュー

 

・・・以上、ウィルキンソン ジンの評価や口コミでした!

 

まぁ、ウィルキンソン ジンの味に関しては好みもあるでしょうから評価や口コミも色々あって当然です。

こういった評価や口コミはあくまで参考にして、実際にあなたがウィルキンソン ジンを飲んでみると良いでしょう。

恐らく僕や他の方とはまた違った感想になると思いますので!

 

どんな特徴のあるジン?

ウィルキンソン ジンは伝統的な『ロンドンドライジン』の製法で作られており、かつ、10種類以上のボタニカル(スパイスやハーブのこと)を使用して風味漬けされているジンです。

これらボタニカルに関しては非公開ですけど。

加えて、柑橘系(シトラス)の豊かな香りが強めなせいか爽やかさがかなり感じられていかにも「ジン!」って風味を味わえるのも大きな特徴ですね。

意外と色々な飲み方(割り方)ができるジンでもあり、ジン初心者でも比較的抵抗なく飲んで行けるのも大きなポイント。

あと、ジンの中でも恐らく1番価格が安いのも特徴の1つだと言えると思います!

 

ちなみに、ウィルキンソン ジンには37度と47.5度の2種類があります。

そのアルコール度数の差は約10度あり同じ飲み方(割り方)をしても酔う感覚が全然違うので注意が必要。

37度の方はスーパーやディスカウントショップなどでよく見かけますが、47.5度の方はあまり置いてあるのを見かけないですね。

酒屋やリカーショップなどでは両方見かけることがありますけど。

そのためウィルキンソン ジンは37度の方が比較的手に入りやすいと言えます!

 

成分(原材料)や栄養素について

ウィルキンソン ジンの場合、成分(原材料)やカロリー・糖質などの栄養素は公開されていないようです。

そのため、ココでは一般的なジンの成分(原材料)と栄養素を参考程度としてご紹介しますね。

 

成分(原材料)

穀物(大麦や小麦、芋類?)を発酵し蒸留したスピリッツ、ボタニカル(スパイスやハーブ)など。

⇒ ジン(ウイキペディア)を参考

 

栄養素

30mlあたりカロリーは67kcal、タンパク質は0g、脂質は0g、炭水化物は0g、食塩相当量は0g。

⇒ ビーフィータージンを参考

 

・・・以上ですが、あくまで目安としてお考え下さいね!

 

ウィルキンソン ジンは価格が安い!

ウィルキンソン ジンの価格は安いのが特徴の1つと先に述べましたが、実際の価格はイオンで37度の方が税込877円でした。

スーパーなどでよく見かけるビーフィータージンやギルビージンなどはもう少し価格は高く、ウィルキンソン ジンが1番安いジンだと思われます。

そのため「今月はピンチ!」って時には重宝しますよ。

安い価格ながらアルコール度数が高いのでコスパが高く手軽に酔えますからね。

ウィルキンソン ジンが気になっている方でも価格的に手が出しやすくてお試しがしやすいと思います。

ぜひ1度ウィルキンソン ジンを手に取り実際に飲んでみてその味をチェックしてみて下さい!

 

 

 
★同価格帯のジンをレビュー!
 

 

タイトルとURLをコピーしました