バーンマッケンジー ウイスキーを評価!そのお味は?

バーンマッケンジー ウイスキーを飲んだ評価をご紹介します。定番の飲み方(割り方)をしたらどんな評価だった!?バーンマッケンジー ウイスキーはまずい?うまい?

 

バーンマッケンジー ウイスキーの評価は飲み方で違う!

イオンの直輸入ウイスキーでおすすめされている中の1つがこのバーンマッケンジー(BURN McKENZIE) ウイスキーです。

価格も安いので『どうせまずいんだろ?』と思って飲んでいない方もいるでしょう。

そこで今回、バーンマッケンジー ウイスキーを実際に買って飲んでその評価をしてみました。

前から気になっていたけど買って飲む勇気がなかった方の参考になれば幸いです!

※バーンマッケンジー ウイスキーの評価はいわゆる定番の飲み方でしています。

 

ストレートで飲んだ評価

香りは甘いレーズンっぽい感じもあるしアルコール臭っぽさもあるんだけどスモーキーさ(ピート感)はあまりしない。

味は意外と普通で可もなく不可もなく、良い意味でありふれた風味のスコッチ。

ただ、喉を通る感じはある程度のキツさがあるので好き嫌いが分かれるかも?

 

ロックで飲んだ評価

香りはストレートよりも甘いレーズンっぽさがアップしている感じ。

味も氷でマイルドになっているせいか飲みやすさはアップしています。

喉を通る感じもキツさはまだあるけどやはり氷のせいかストレートと比べるとそこまで強くは感じない。

ひんやりとした飲み心地が意外とプラスに働いてイケる!

氷は多めに入れるか大きい方が絶対に良い。

 

水割りで飲んだ評価

風味がストレートやロックよりも際立っておりかなり飲みやすくなっている。

レーズンっぽい甘さはなくなりスモーキーさをより感じれられるようになった。

喉を通るキツさもなくなって飲み心地も断然良くなっています!

 

お湯割りで飲んだ評価

香りは水割り同様にレーズンっぽい甘さはなくなりスモーキーさがより表に出て来る感じ。

味もスモーキーさがしっかりあっていかにもスコッチって感じになる。

飲み心地も喉を通るキツさは全くなくなっており飲みやすい。

全体的に風味が水割りよりも高くなっていて1番際立つ感じの飲み方かな。

温度は熱すぎるのはダメ、60度か70度くらいがうまい!

 

ハイボールで飲んだ評価

香りはほんのり甘いレーズンっぽい感じがする。

味は他の飲み方よりもずっとマイルドでかなり飲みやすい。

喉に通る感じもキツさは全くなくて炭酸のシュワシュワが良いアクセントになっており飲みやすさに関しては1番だと思う!

ただ、氷や炭酸水が入るためか他の飲み方よりも薄い感じがあるので割る比率は考えた方が良いかも?

 

・・・以上が、バーンマッケンジー ウイスキーを飲んでみた評価でした。

 

結果としてはバーンマッケンジー ウイスキーってまずい評価のウイスキーではないけど、飲み方次第で風味や飲みやすさ、喉の通りが全然違ってくるウイスキーですね。

個人的にはお湯割りかハイボールが「うまい!」「イケる!」って感じの評価でした。

特に水割りよりもお湯割りとして飲む方が「うまい」と思ったのはちょっと意外で驚き。

バーンマッケンジー ウイスキーを美味しく飲むなら、お湯割りかハイボールが無難ですよ!

⇒ バーンマッケンジー ウイスキーの詳細はこちら!

 

お湯割りやハイボールをより美味しく飲む方法!

バーンマッケンジー ウイスキーの評価としてお湯割りかハイボールがうまいと言いました。

で、そんなバーンマッケンジー ウイスキーをお湯割りかハイボールを飲む時、使う水や炭酸水(ソーダ水)にこだわるとより美味しく飲むことができますよ。

お湯割りなら品質の高い水を使ったり、ハイボールなら純度の高い炭酸水にこだわるってこと。

オススメは水ならウォーターサーバーを使ったり、炭酸水なら炭酸水メーカーを使うことですね。

 

最近ではウォーターサーバーの水も品質が高くなっており、いわゆる天然水を手軽に飲めるので味も品質も全く問題なし。

冷水も温水も出るので普段使いも可能。

また、炭酸水メーカーなら炭酸の強弱を自由に設定して作れたりするのであなた好みの炭酸水にカスタマイズしてハイボールが飲めるって感じかな。

 

こんな感じで水や炭酸水にこだわるとより美味しいバーンマッケンジー ウイスキーのお湯割りやハイボールが飲めるので便利です。

もちろん他のウイスキーでも使えるのでご心配なく。

ぜひウォーターサーバーや炭酸水メーカーを使って美味しくウイスキーを飲んでみて下さい!

★お薦めのウォーターサーバーはコレ!

⇒ デイリーウォーターの詳細はこちらから!




 

★お薦めの炭酸水メーカーはコレ!

⇒ e-sodaの詳細はこちらから!





 

他の方はどんな評価をしてる?

バーンマッケンジー ウイスキーを飲んだ他の方の評価も参考になるので見ておきましょう。

 

某イオン直輸入商品?とのことでお安く購入。コスパ最高。 ハイボールが飲みやすい。ロックはちょっとアルコール感強め。 樽感はそんなにない。匂いは甘めで独特。常飲には充分!

引用元:お酒DB

 

イオン880円ウイスキー フルーティーで甘い蜂蜜の香り ピートも薄らでアルコール臭 味は甘くグレーン感が結構気になる スパイシーというかアルコールの刺激 ストレートではキツイですね 荒々しいので寝かせます

引用元:HIDEOUT CLUB

 

安いウィスキーを改めて飲んでみよう!第九弾はBURN McKENZIE。ブレンデッドスコッチ。イオンリカーで980円。鼻に抜けるアルコールが強め。ライトでほのかに甘味。薄っぺらいんだけどそれがさほど悪くない。コーラの味を邪魔しないスコッチ。コーラそのものの味を堪能したいならおすす……あれ?w

引用元:後藤ひろし(ひろぽん) on Twitter:

 

一口口に含むと、はちみつや花のような甘い香りが最初に感じられ、その後ほんのり薫香がふわっと感じられる感じ。

煙さや主張のある樽香は少なく、とにかく飲みやすいというか癖のない仕上がりのスコッチという印象。

アルコール感に関してはちょっとアルコールの辛みや刺激が残る感じ。

飲み方とすると、ハイボールが一番合う。

炭酸で割るとカラメルのような甘さが立って非常においしくいただけました。

引用元:晩酌代は小遣いから。

 

・・・こんな感じの評価がありました。

 

ま、バーンマッケンジー ウイスキー自体あんまり有名じゃないのでネット上でも中々飲んだ評価って少ないんですよ。

今回はなんとか上記の評価を見つけたけど、今後見つかれば随時追加して行きたいと思います。

 

原材料や栄養素について

バーンマッケンジー ウイスキーの原材料は瓶の裏に記載があります。

それによると『モルト、グレーン』で、まぁ普通かな。

また、イオンリカーのサイトに、

こちらのバーンマッケンジーは、10以上の異なる蒸留所のモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしています。原酒のほとんどは3年の樽熟成という若いものを使用しています。

引用元:イオンリカー

 

・・・という記載があります。

 

バーンマッケンジー ウイスキーはブレンデッドウイスキーなので色々なモルトウイスキーやグレーンウイスキーを使用しているのは当然ですね。

日本では有名じゃないけど海外では実は有名なウイスキーなのかも!?

 

また、バーンマッケンジー ウイスキーの栄養素ですがこちらは公開されていません。

ただ、一般的なウイスキーの場合、カロリーは100mlで約230kcalくらいが多いみたい。

加えてウイスキーは糖質0、脂質0、タンパク質0、プリン体ほぼ0なのは共通です。

意外とヘルシー?

あくまで一般的なウイスキーの場合の栄養素ですがバーンマッケンジー ウイスキーにも当てはまると思いますので目安にしてみて下さい!

 

バーンマッケンジー ウイスキーの価格は安い!

バーンマッケンジー ウイスキーの価格は近くのイオンでは税別880円でした。

ということは1,000円以下のウイスキーってことになりかなり価格はリーズナブル。

個人的には価格の割に味も飲み方(割り方)を考えれば全然悪くない感じだしね。

バーンマッケンジー ウイスキーが気になる方は、先に述べた僕の評価や他の方の評価を参考に1度飲んでみると良いでしょう。

1,000円以下ならもし「まずい!」と感じてもなんの問題もないでしょうから!

 

ただし、ネット通販の『イオンリカー』だと価格は1,000円超えてます。

そのため、税別880円で買いたい場合は近くのイオンで買うようにして下さい!

⇒ バーンマッケンジー ウイスキーの詳細はこちら!

 

ちなみに、バーンマッケンジー ウイスキー以外にもクルーニーとかグリーンハイランダーなどイオン直輸入のウイスキーはいくつか種類があります。

こちらも気になっているなら価格も同じ税別880円なので気軽に飲んでみると良いと思いますよ。

ただし、ネットのイオンリカーだとやはり価格は1,000円超えるので要注意!

⇒ イオンリカー公式

 
★イオン880円ウイスキーのレビュー!
 

 

★参考

バーンマッケンジー ウイスキーなどはイオンが運営する『イオンリカー』と大手の酒類販売の『やまや』が共同で出資している輸入商社『コルドンヴェール』が行っています。

⇒ コルドンヴェール公式

 

タイトルとURLをコピーしました