※本サイトはPRや広告が含まれます。

スカイウォッカはまずい?色んな飲み方をした結果は?

スカイウォッカ(SKYY VODKA)

 
スカイウォッカ(SKYY VODKA)の味ってまずいの?うまいの?実際に色々な飲み方(割り方)でスカイウォッカの味をチェックしてみた!その結果と感想をご紹介!

 

スカイウォッカはまずいことはなくうまい!

キレイなブルーのボトルに入ったスカイウォッカですが、その見た目のように味や飲み心地はかなりスッキリしています。

スカイウォッカもウォッカの1つなので風味は無味無臭っぽく思われがちですが、実はほんのりと原材料の香りと味がするし、クセもなくスーッと飲める印象が強いです。

アルコール度数も40度程度あるにも関わらず、アルコールっぽさはそこまで感じられないのも意外。

「まずいか?」「うまいか?」で言えば、値段は安いけどうまいウォッカと言っても良いんじゃない?って思います。

 

そんなスカイウォッカを色々な飲み方(割り方)をしてみた感想をレビューしてみました。

あくまで個人的な感想ですが、スカイウォッカが「まずい?」「うまい?」って気になっている方は参考にしてみて下さい!

 

ストレート

香りは甘い感じが多少あり、若干のアルコール臭っぽさはあるが気にならないくらい。

味は何となく原材料っぽさがあるにはあるがほぼ無味に近いと言って良いだろう。

アルコールっぽい味も気持ち感じられるくらい。

ストレートなので喉を通る時にカッとする感じがあるけど、後味は意外と心地良くまろやかさを感じる。

意外とクセもなくてまずいことはないし中々に美味しい飲み方。

スカイウォッカ本来の風味を味わいたいならお薦め!

 

ロック

香りはウォッカの原材料っぽい甘い感じがほんのりあるがアルコール臭っぽさはゼロ。

味はストレートよりも無味さが強く、後で若干アルコールっぽい味が出て来る感じ。

ただ、氷が溶けるに従って風味がドンドンとマイルドになって変わって行くのは面白い。

ロックもまずいことはなくて飲みやすさはストレート以上で、案外うまい飲み方。

氷は大きい物か、小さくても多く入れた方がよりうまくなりますよ!

 

お湯割り

香りは他の飲み方と同じく無臭ではないし、より原材料っぽさが強く感じられる。

やはりアルコール臭っぽさはない。

味も他の飲み方以上に原材料っぽさが強くてうまいし、アルコールっぽい味がほぼないのも同じ。

全体的にクセがなく風味に関しては1番だと思うけど、炭酸割りと違って飲み心地のスッキリ感は劣るかな。

だけど、もし他の飲み方がまずいと感じたなら、このお湯割りで飲めば風味が安定して感じられて良いかも?

スカイウォッカ:お湯の割合は1:3くらいで割るとうまい感じ。

※水割りでもイケます

 

ちなみに、お湯割りは使う水次第で風味が全然違ってきます。

水道水よりも天然水の方が断然うまいって感じで。

そのため、お湯割りに使う水は市販の天然水か意外とウォーターサーバーの水がお薦めです。

特にウォーターサーバーの水は日本各地の名水を使用しているので市販の天然水よりも高品質な場合がほとんど。

例えば『プレミアムウォーター』などが有名ですし、富士や北アルプス・南阿蘇など水自体も良質で味も良いので使ってみてはいかがでしょう?

よりうまいお湯割りを楽しめると思います!

 
※シェアNO.1!サーバーレンタル無料あり!送料無料!で便利!
 
⇒ プレミアムウォーターの詳細はこちら!




 

コーラ割り(ルシアンコーク)

香りも味もコーラそのものでうまいが、気にならない程度にアルコールっぽい風味がある感じ。

そもそもコーラ自体が風味が独特だし強いので、ほぼ無味無臭のウォッカで割るとコーラの風味が圧倒的に勝つ感じ。

飲みやすさは折り紙付きでグイグイ飲めるし、コーラ好きならハマること間違いなし。

このコーラ割りでまずいと感じるならもうウォッカは飲まない方が良いかも。

ただ、マジでコーラの風味なので飲み過ぎに注意!

 

ジンジャーエール割り(ウォッカバック)

香りはジンジャエールそのものでアルコール臭っぽさはない。

味もジンジャエールそのものでアルコールっぽさもない。

炭酸水と氷でのど越しはかなり良いのでコーラ割りと同じくグイグイ飲める。

使うジンジャエール次第で風味も変わるのも面白い。

甘いタイプのジンジャーエールは後味が甘ったるくなり重く感じられるのでまずい。

個人的には甘くないタイプで割るのがうまいかな。

ジンジャーエール割りもコーラ割りと同じく飲み過ぎに注意が必要!

 

炭酸割り(ウォッカリッキーと言う)

香りは他の飲み方のような原材料っぽい感じはなくてほぼ無臭。

味もほぼ無味でアルコールっぽさもなく飲みやすい。

氷と炭酸水が入っているので飲み心地はかなりスッキリしておりクセもなく飲みやすさは1番。

とにかく飲みやすさを求めるのならこの炭酸割りがお薦め。

スカイウォッカ:炭酸水の割合は1:3くらいで割るのが良い感じ。

色々なフレーバーの炭酸水で割るのも良いかもね?

 

ちなみにスカイウォッカの炭酸割りを飲む場合、炭酸水にこだわるとより風味がアップしてうまくなります。

例えば、炭酸の強度は強いほど飲んだ時のスッキリ感や飲み心地が良くなるって感じで。

その場合、市販の強炭酸水を使っても良いけど、お薦めは炭酸水メーカーで自作すること。

あなた好みの強度で炭酸水が作れますので、あなたに合った炭酸割りを飲むことができますから。

『e-soda』などが有名な炭酸水メーカーであり、うまい炭酸割りを飲みたい方は使ってみてはいかがですか?

 
※500mlボトルなら1本あたり約18円で作れてお得!
 
⇒ e-sodaの詳細はこちらから!



 

・・・以上、スカイウォッカを色々な飲み方をして「まずいか?」「うまいか?」の感想でした!

 

まとめると、スカイウォッカはどんな飲み方をしてもまずいことはなくてうまいウォッカだと言えます。

でもあえてお薦めを言うと、風味を味わうなら『ストレート』や『お湯割り』、飲み心地を楽しむなら『ロック』や『炭酸割り』が良いかも。

特にお湯割りや炭酸割り。

なぜならストレートやロックもまずいどころかうまい飲み方だけど、ウォッカが初めての方やあまり飲んだことがない方には少々ハードルが高いかも知れないから。

ですからまずはスカイウォッカをお湯割りや炭酸割りを飲んで、慣れてきたらストレートやロックを飲むって感じが良いと思いますよ。

ぜひ、参考にしてみて下さい!
 

 

実際に飲んだ方の評価もチェックしておこう!

スカイウォッカを飲んだ方の評価とは?

まずい評価、うまい評価の両方をご紹介しています!

 

まずい評価

ウォッカを初めて飲みました。強いお酒です。

そのままやロックではとても飲めませんでした。
何かと割ると良いと思い、ジンジャエール、烏龍茶、トマトジュースで割ってみましたがうまくいかず。

もう少し勉強してから飲みます。

引用元:アマゾン

 

ウォッカをまともに飲んだことがなかったのですが、スミノフアイスがうまかったのでウォッカが欲しくなったので買いに行きました。
じゃあスミノフを買えばいいじゃんってところなんですが、韓国産はギルビージンで後悔した思い出があるので止めて、アブソルート・ウォッカを目標。
それも近所のやまやにはなかったのでこれになりました。
値段は1000円位。
ウォッカはほとんど知らないので素人意見になりますが、癖は全くないに近いですが、悪く言えば風味も少ない。。
水割りや炭酸水以外のカクテルだとただのアルコール補助剤といった感じになります。
なので好みはわかれるような、、、
個人的にはもっと麦の香りがあればよかったです。

引用元:アマゾン

 

美味い評価

思ってたよりこい感じですっと飲める感じで悪くはなかったですがまあすぐに無くなりますね!そしてすっと飲めるので飲み過ぎてしまいますが美味しかったです!また飲みたい時に頼みたいと思いますありがとうございます!

引用元:アマゾン

 

始めてウオッカを飲む人には良い商品だと思います。
飲みなれている人にはちょっと物足りないかな?
カクテル・ロック・ストレートでもいけます。

引用元:アマゾン

 

酒はあまり強くないのでジュース等で割って飲んでいますが、クセがなくて美味しいですよ。
寝酒で飲む時は少量をストレートで飲ると強烈で、一発で酔っぱらえるので使い分けています。
くいっとあけるとじわ~っと五臓六腑に染み渡るかんじです。
ブルーなボトルもウォッカらしからぬお洒落さでいいかんじ。サントリーはこういうイメージ作りが上手い会社だなぁ。

引用元:アマゾン

 

・・・以上、スカイウォッカを飲んだ方の評価でした!

 

スカイウォッカには良い評価、悪い評価の両方があるので、どっちもチェックして参考にしてみて下さい!

 

スカイウォッカの特徴について

スカイウォッカの特徴はその飲みやすさと味にクセがないのでストレートやロックでもうまいし、カクテルなどのベースにもピッタリなことですね。

色々な飲み方(割り方)で楽しめるウォッカだと言えます。

 

また、スカイウォッカの場合、4回の蒸留と3回のろ過の工程を経ているのもまた特徴の1つ。

この複数回の蒸留とろ過によってアルコール内の不純物を徹底的に除去して純度を高めており、酔いにくいお酒とも言われています!

⇒ CT Spirits Japan公式(スカイウォッカの販売元)

 

二日酔いしないは本当か?

スカイウォッカは先に述べたように純度の高いウォッカなので「酔いにくい!」「二日酔いしない!」と言われますが、個人的には飲み過ぎると二日酔いになりました。

基本的に、二日酔いになる・ならないは摂取したアルコールの量と個人個人のお酒の許容量や肝臓の分解・排出機能の差で決まります。

つまりいくら純度が高く良いお酒でも飲み過ぎはダメだし、アルコールの分解・排出には個人差があるということなので、スカイウォッカを飲んだ方全員が「二日酔いしない!」とは言えないと思います。

まぁ、飲み過ぎずにホドホドの量で楽しむのが良いってことですね!

 

原産国はアメリカ!?

スカイウォッカってロシアや東欧(ポーランドとか)ではなくてアメリカが原産国となっており、1992年にサンフランシスコで誕生しました。

ウォッカ=ロシアや東欧のイメージってありますが、スカイウォッカは違うんですよ!

 

原材料について

スカイウォッカの原材料は公式サイトでも公表はされていないようです。

ただ、一般的にウォッカの原材料は穀物(大麦や小麦、トウモロコシ、ライ麦など)と水で作られています。

恐らくスカイウォッカもこれら穀物(アメリカ産)と水を原材料としていると考えて良いでしょう。

 

度数やカロリーなど栄養成分について

スカイウォッカのアルコール度数は、750mlボトルの40度と700mlボトルの37.5度の2つがあります。

40度の方が1992年発売のオリジナルで、37.5度の方が2021年から追加で発売されました。

 

また、スカイウォッカの栄養成分ですが、こちらも公表はされていません。

なので参考までに、一般的なウォッカのカロリーや栄養素をご紹介しますね。

カロリーは100mlあたり約240kcal、糖質は0g、脂質は0g、タンパク質は0g、食塩相当量は0g・・・となっています。

⇒ 参考:日本食品標準成分表

 

お酒ってアルコール度数が高い=高カロリーとなりますので、ウォッカのカロリーは高めです。

でも、糖質は0gなのでダイエット中の方や血糖値が気になる方には飲んでもOKなお酒と言えますね!

 

価格や販売店情報!

スカイウォッカの価格ですが、40度(750ml)のタイプが税込で約1,500円程度、37.5度(700ml)のタイプが税込で約1,000円程度となっています。

で、最近イオンなどのスーパーでよく見かけるのが37.5度(700ml)のタイプ。

コチラのタイプで良いのなら約1,000円程度で買えますので安いウォッカとして気軽に買えると思いますよ!

 

ちなみに、スカイウォッカは大抵のスーパーやディスカウントショップ、ドラッグストアなどに置いてありますので販売店探しで困ることはないでしょう。

かなり簡単にゲットできるウォッカだと言えます!
 

 

 
★他のウォッカレビューもどうぞ!
 

 

タイトルとURLをコピーしました