※本サイトはPRや広告が含まれます。

ギルビーウォッカの味は飲み方次第!?まずい?うまい?

ギルビーウォッカ(GILBEY'S VODKA)

 
ギルビーウォッカ(GILBEY’S VODKA)の味をレビュー!色々な飲み方で味をレビューしているのでギルビーウォッカが気になっている方は参考にして下さい。ギルビーウォッカはどの飲み方がまずい?うまい?

 

ギルビーウォッカは炭酸水で割ると飲みやすくうまい!

ギルビーウォッカを飲む場合、炭酸水(ソーダ水)で割る飲み方はかなりうまいしお薦めです。

ギルビーウォッカを始めとするウォッカってストレートで飲むことが一般的とされていますが、そもそもの度数が高いので人によっては強すぎて苦手な方、味が「まずい!」と感じる方も居るかと思います。

そんな方に炭酸水で割る飲み方(炭酸割り、ソーダ割りとも言う)、ウイスキーで言えばハイボールっぽい感じで割ると飲みやすさがグンっとアップするんですよ。

強めのアルコール度数がかなり緩和されて味も口当たりも良くなりますので、ストレートがまずいと感じた方やキツイ度数がダメな方は炭酸水で割る飲み方が良いでしょう。

 

以下、ギルビーのウォッカを炭酸水で割って飲んだ実際の感想、レビューを紹介しますので参考にして下さい!

 

普通に炭酸水だけで割った味の感想

ギルビーウォッカをどこのメーカーの炭酸水でも良いのでそもまま普通に割って飲むだけ。

今回はイオンの(安っすい)炭酸水で割って飲んでみました。

 

味は甘味が多少感じられるがうま味はほとんど感じられずほぼ無味、ただ炭酸水のシュワシュワした口当たりが強い印象です。

香りはほんのりと原材料の感じがあるだけだから飲みやすいっちゃ飲みやすい感じ。

ギルビーウォッカがまずいと言う方が居ますが、この味も香りもほとんど感じられないからじゃないかな?

僕はギルビーウォッカの姉妹品ギルビージンもよく飲むのですが、こっちはハーブ系?の風味が強いので全く違います。

ま、ウォッカ自体が基本的にほぼ無味無臭でクセもないのでギルビーウォッカがそんな感じなのも当然ですね。

ウォッカそのものを味わいたい場合には炭酸水だけで割るこの飲み方が良いかも知れません。

ちなみに、ギルビーウォッカと炭酸水の比率は1:2か1:3くらいが良いでしょう!

 
★同シリーズのギルビージン情報もどうぞ!
 

 

ウォッカリッキーっぽく飲んだ感想

ウォッカリッキーとは、ウォッカに炭酸水、ライム果汁を加えて割る飲み方でいわゆる『カクテル』の1つ。

ライムのさわやかな風味が加わることで炭酸水だけで飲むよりも飲みやすさはグンっとアップします。

僕の場合も、最初は先に述べたようにギルビーのウォッカを炭酸水だけで飲んでいたけど、ココへポッカレモン(ライムがなかったので代わりに)などを数滴加えると風味が激変しました。

ギルビーウォッカが一気にさわやかな風味になって、中々に酸味があって口当たりも良い飲み心地になったんですよ。

「うまい!」「美味しい!」って感じ。

ポッカレモンはたまたま持っていてライム果汁の代わりに入れてみた結果ですが意外と良かった感じ。

ギルビーウォッカを炭酸水だけで割る飲み方も悪くはないけど、ライムやレモン風味などを加えると味などがガラッと変わるのが面白い。

そのため炭酸水で割って飲む場合、ライムやポッカレモンがあるなら使った方が良いと思います!

 

・・・以上、ギルビーウォッカを炭酸水で割って飲んでみた味のレビューでした。

 

見ての通り、ギルビーウォッカは炭酸水だけで割る飲み方も良いけど、ライムやレモンなどで割るウォッカリッキーで飲むことがよりうまくなってお薦めですね。

味、香り、飲み心地、口当たりなどが全然違ってきますので、飽きずに飲めると思いますよ。

 

後、今回はイオンの炭酸水を使いましたが、実は炭酸水次第で味や飲み心地、口当たりも全然変わりますので、色んな炭酸水で割って飲んでみると良いでしょう。

また、最近では炭酸水にレモン風味、グレープフルーツ風味、ピーチ風味、ミント風味、コーラ風味などバリエーションも増えていているので、色んな風味のウォッカリッキーが楽しめると思います。

ぜひお好みの風味を見つけて、ギルビーウォッカを炭酸水で割って飲んでみて下さい!

⇒ キリンビール ギルビーウォッカ 700/37.5%

 

あと参考程度ですが、ギルビーウォッカは炭酸水で割る飲み方(ウォッカリッキーを含む)がお薦めと言いましたけど、どうせならその炭酸水にこだわってみませんか?

先に述べたように、炭酸水次第でウォッカの飲み心地などが全然違ってきますので。

炭酸水と言っても世の中にはピンからキリまであり、中々自分好みの炭酸水に出会えることは難しいです。

そこで便利なのが炭酸水メーカーの『e-soda』!

自分で使う水なども選べるし、強さを調節した炭酸水を作れるので、自分好みの炭酸水が作れるというスグレモノ。

しかも電源不要だからどこでも持ち運びができて、家でも外(キャンプやBBQなど)でも自由に炭酸水が作れますのでかなり使い勝手は良いですよ。

より楽しくギルビーウォッカを飲みたい場合、このように炭酸水にこだわってみると良いでしょう。

市販の炭酸水よりもかなり美味しい炭酸水、強い炭酸水が簡単に作れますから!

 
※500mlボトルなら1本あたり約18円で作れてお得!
 
⇒ 自宅で作る炭酸水【e-soda】の詳細はこちらから!



 

炭酸水以外の飲み方レビュー!まずい?うまい?

先に、ギルビーのウォッカは炭酸水で割る飲み方がお薦めで、特にウォッカリッキーっぽく飲むことが美味しいと紹介しました。

でも、ギルビーウォッカには他にも飲み方(割り方)は色々ありますので、あなたが気に入る飲み方が見つかるかも?

その飲み方をいくつか実際に試してみたのでご紹介しますね!

 

一般的な飲み方

ストレート

ウォッカの一般的な飲み方で、ウォッカ本来の風味を楽しめるのでツウな方の飲み方。

ロシアのオジサンが大量のイクラを食べながらグイグイ飲んでいるイメージがコレ。

実際に飲むと分かりますが、ギルビーウォッカ自体のアルコール度数が高いので口当たりや飲み心地がかなり強い。

まずいとかではなくて強い、キツイ!

しかもほぼ無味無臭だからなんの変化もない!

好きな方は好きなだろうけどダメな方はダメな飲み方で意見が分かれるって感じ。

僕はダメな方でした。

慣れればうまいと感じるようになるのかな?

本場のようなウォッカの飲み方をしたい方は試してみて下さい!

 

ロック

氷を入れればギルビーウォッカのストレートよりは良いかな?って飲んだけど、あまりストレートと変わらない感じ。

確かに氷が入った分、ロックだと口当たりや飲み心地は変わった感じもあるけど変化は微々たるもの。

ほぼ無味無臭は変わりないしね。

ただ、氷が溶けるにつれて飲み心地がまろやかになるのは感じました。

こちらもストレートよりはマシですが、僕にとってはまずいってことではないけどダメな飲み方でした。

やはり炭酸水で割る方(炭酸割り、ソーダ割り)が僕には合っているようです!

 

カクテルとしての飲み方

ギルビーウォッカは何度も言っていますが無味無臭です。

そのためかカクテルとして使いやすく、色々なカクテルのベースに使うこともできます。

ココではその中でも代表的なカクテルを実際に飲んでみた感想をご紹介しますね!

 

ルシアンコーク

ギルビーウォッカなどをコーラで割った飲み方です。

今回はコカコーラゼロで割ってみましたが、感想としては「ヤバイ!うまい!」でした。

なんせゴクゴク飲めちゃう!

ウォッカが入っている感じがせずに普通にコーラとして飲んでるみたいでしたね。

味も香りもコーラ。

飲み過ぎること間違いなしで、後から酔いが急に回ってくるのでうまいけどマジでヤバイです!

 

モスコミュール

ギルビーウォッカをジンジャーエールで割った飲み方です。

ウォッカバックとかウォッカジンジャーとかって言うこともあるみたい。

普通はライムを添えて飲むのですが、持ってなかったのでココでもポッカレモンで代用。

味はコーラの時と同様でウォッカ感はなくてジンジャーエールの味と香りが強いです。

ただ、そこにレモン風味が加わっているので意外とさわやかな感じに飲めますね。

ジンジャーエールには風味の強め弱めがあるのでまずいうまいの好みが分かれそう。

個人的には強めが美味しいと思いますケド!

 

ブラッディメアリー

ギルビーウォッカをトマトジュースで割った飲み方です。

レモンや塩、胡椒などを添えて飲むこともありますね。

トマトジュースを入れるので見た目が赤くてキレイですが、ネーミングは『血まみれのメアリー』という意味で昔の英国女王メアリー1世が残虐だったのでこの名を付けたそうだから趣味が悪い?

味は基本はトマトジュースですが、そこに塩や胡椒が加わるのでキリリとした感じになります。

香りはトマトジュースそのもの。

トマトジュースも使う種類やメーカーで濃厚だったり薄めだったりと風味が違っているので、色んな風味が楽しめるうまいカクテルです。

ちなみに、トマトジュースには食塩使用と食塩不使用がありますがお好みでどうぞ!

 

スクリュードライバー

ギルビーウォッカにオレンジジュースを入れて割った飲み方です。

カクテルとしても定番の1つであり、飲みやすさが人気の飲み方ですね。

味はオレンジジュースの味が強く感じられて、コーラと割った時のように飲みやすくてゴクゴク飲める感じ。

香りもオレンジでさわやかなので、味も香りも揃った安定のうまい飲み方と言えるでしょう。

やはりウォッカ感がないので飲み過ぎに注意!

このスクリュードライバーも使うオレンジジュース次第で風味がガラッと変わりますので色々と試してみると良いでしょう。

 

ソルティドッグ

ギルビーウォッカをグレープフルーツジュースで割った飲み方です。

塩を添えて飲むのが一般的ですね。

割り材にグレープフルーツジュースを使いますので酸味がオレンジジュースよりも強い!

このグレープフルーツの酸味と甘味、塩の辛味などが程良く合わさって、ソルティードッグ独自の風味を楽しむことができますよ。

こちらもやはりウォッカ感はほぼなくてうまいし飲みやすく、ついつい飲み過ぎてしまう飲み方です!

 

ウォッカトニック

ギルビーウォッカにトニックウォーターを使った飲み方です。

普通トニックウォーターと言えばジンに使ったジントニックが有名ですが、こちらはウォッカトニック。

トニックウォーターは糖分と柑橘系のエキスを付与した炭酸水で、これをウォッカに使うとかなり飲みやすくなります。

ギルビーウォッカ自体は無味無臭ですが、トニックウォーターで割ることで甘味や柑橘系の風味が付くんですね。

ジントニック同様に飲み心地もさわやかでスッキリ、ほのかな甘みもあってかなり口当たりが良くなります。

つまり、うまくてゴクゴク飲めちゃうってことです。

個人的にはウォッカがイマイチ苦手な方でも、このウォッカトニックなら美味しく飲めるんじゃなかな?って思います。

単純に炭酸水で割るよりも味があって飲みやすいので!

 

・・・以上、ギルビーウォッカの炭酸水以外で割るお薦めの飲み方でした。

 

実際に飲んでみると、ウォッカ好きならストレートやロックが良いと思いますが、初めての方や苦手な方はカクテルなどで飲むと良いですよ。

コーラやオレンジジュース、グレープフルーツ、トニックウォーターなどで割れば良いだけで作るのも簡単ですし。

あなたの好みの飲み方を探してみて、ギルビーウォッカを楽しんで下さい!

 

あと、ギルビーウォッカの販売元であるキリンの公式サイトにカクテルレシピがあるので参考にしてみて下さい。
 
⇒ キリンの公式サイトのカクテルレシピ

 
※ギルビーウォッカで悪酔い?
 

 

そもそもウォッカとはどんなお酒?簡単に説明します!

ギルビーウォッカを始めとする『ウォッカ』がどういうお酒なのか?っていうウンチクをご紹介します。

知らなくても全然困らないけど、知っておくといつかは何かの役に立つかもね?

 

種類は大きく分けて2つあり

ピュアウォッカとフレーバードウォッカがそう。

『ピュアウォッカ』はウォッカ本来の風味が味わえるのが特徴で基本的に無味無臭、ギルビーウォッカもこの部類です。

アルコール度数が高めの物が多いのもこちら。

ウォッカ好きの方はこのピュアウォッカをストレートやロックで飲む方が多いけど、無味無臭のためカクテルなどのベースに使われることも多いです。

 

一方、『フレーバードウォッカ』はピュアウォッカにハーブや果実、スパイス、人工甘味料などを加えており風味が高いのがこの部類です。

アルコール度数はピュアウォッカよりも低めの物が多い傾向にあります。

そのため、ストレートやロックで飲むとか、炭酸水で割って飲むとしっかりした味と香りがそのまま楽しめるウォッカです。

 

原材料は穀物がメイン

ギルビーウォッカなどの原材料は穀物が主体です。

例えば、大麦や小麦、ライ麦、ジャガイモ・・・などなど。

こういった原材料を数回蒸留して作られるのがウォッカとなります。

 

ちなみに、ウイスキーも似たような穀物が原材料で蒸留して作りますが明らかな違いがあります。

簡単に言いますと、ウォッカは数回蒸留して90度くらいまでアルコール度数を上げるので風味が消えてしまうけど、ウイスキーは1回の蒸留なのでアルコール度数はウォッカみたいに高くはならず風味が残ること。

さらにウォッカは樽などに貯蔵して熟成はしませんが、ウイスキーは樽に数年貯蔵して熟成させる過程が必要なこと。

こんな違いがあるので知っておくと良いかもね?

 

主な産地はロシア?いえ、他にも産地はあるよ!

ウォッカの産地と言えばロシアのイメージがありますが、実はロシア以外でも産地は色々あります。

有名なのはポーランドや北欧ですけど、実はヨーロッパ全域で製造はされていますしアメリカでも製造されています。

なんなら日本でもウォッカの製造はしていますので、かなり広範囲に渡って産地があると思って良いでしょう。

ただ、ウォッカの種類が多いのはダントツでロシアとポーランドですね。

ちなみに、ギルビーウォッカはイギリス産です!

 

アルコール度数は平均約40度、最高で約96%!

一般的に、ウォッカのアルコール度数は40度くらいが多いようです。

ギルビーウォッカは37.5度。

まぁ個人的にですけど、40度くらいのお酒を炭酸水などで割るとちょうど良い飲み具合になると感じています。

ジンもラムもウイスキーもそう。

ウォッカも炭酸水などで割るとグンっと飲みやすくなるのは先に述べた通り。

ストレートやロックで40度は中々に強いけど、何かしら割り材を使って飲む分には使い勝手が良いお酒だと思います!

 

あと、世界で1番アルコール度数が高いウォッカはポーランドの『スピリタス』で96度!

ストレートやロックで飲むのは厳禁でのどが焼けてヒドイ目にあうらしいので、たっぷりの割り材で薄めて飲むことになっているそうです。

また、アルコール度数が超高いのでタバコなどでも引火するので火気厳禁、注意が必要らしい。

「どんなお酒やねん!」って感じですが興味はありますね・・・ちょっとコワイけど。

 

以上がウォッカに関するウンチクでした。

何かの役に立つかな?

 

ギルビーウォッカはかなり手に入りやすいウォッカ!

ギルビーウォッカって結構いろいろな販売店に置いているイメージがあります。

スーパーやコンビニ、ドラッグストア、業務用スーパー、個人経営の酒店・・・などなど。

少なくとも僕の周りの販売店ではそう。

あとアマゾンや楽天などネット通販で取もり扱いはあるので、「全然買えない!」「見つからない!」ってことはないでしょう。

個人的にはかなり手に入りやすいウォッカの1つかな?って感じています。

 

そんなギルビーウォッカですが、価格も700mlで1,000円くらいで買えるリーズナブルさが良い。

無味無臭だから味や香りにクセがないので飲みやすいし口当たりも良い。

炭酸水やジュースなどの割り材との相性も良いし。

ウォッカと言えば『スミノフ』あたりが有名ですが、初心者さんならこのギルビーウォッカが安くてゲットしやすくて良いんじゃないかな?

ウォッカをちょっと試してみたいとか飲んでみたい場合にお薦めですよ!
 

 

 
★他のウォッカレビューもどうぞ!
 

 

タイトルとURLをコピーしました