パーフェクトサントリービールのプリン体は多い?少ない?

パーフェクトサントリービールというと『糖質ゼロ』で話題ですがプリン体の量も気になる方は居るはず。そんなパーフェクトサントリービールのプリン体情報をお届け!体に悪いの?また、他の情報も色々とご紹介しているので参考にして下さい!

 

パーフェクトサントリービールはプリン体を大幅カット!

パーフェクトサントリービール(サントリー パーフェクトビール、PSBとも言う?)の特徴として『糖質ゼロ』がありますが、実は『プリン体』も他のビールと比べて大幅カットされており少ない含有量となっています。

パーフェクトサントリービールの場合、100mlあたりプリン体は6㎎となっています。

⇒ サントリー公式サイトに記載

パーフェクトサントリービールには350ml缶と500ml缶の2種類がありますのでそれぞれの総プリン体含有量がこちら。

・350ml缶のプリン体は約21㎎

・500ml缶のプリン体は約30㎎

 

・・・となります。

 

サントリーと言えばプレミアムモルツが有名ですが、このプレモルのプリン体は100mlあたり11.6㎎もあります。

こちらも350ml缶と500ml缶に換算すると、

・350ml缶のプリン体は約40.8㎎

・500ml缶のプリン体は約58㎎

 

・・・となります。

 

こうして見ると、パーフェクトサントリービールのプリン体が約半分程度まで大幅カットされて少なくなっているのがよーく分かりますね。

プリン体が気になるなら、プレモルよりもパーフェクトサントリービールを飲む方が良いでしょう!

 

ちなみに、サントリーから販売されている他のビールとのプリン体をいくつか比較してみました。

プレミアムモルツは先に比較しましたのでココでは割愛します。

 

・ザ・モルツの場合、100mあたりプリン体は約8.4㎎

・金麦の場合、100mlあたりプリン体は約4㎎

・金麦(糖質オフ)の場合、100mlあたりプリン体は約2.4㎎

・クリアゴールドの場合、100mlあたりプリン体は約3.8㎎

※パーフェクトサントリービールは6㎎

 

・・・こんな感じです。

⇒ サントリー公式サイトから引用

 

ざっと見ると、発泡酒や第3のビールの方がプリン体は少なくなっていますね。

パーフェクトサントリービールは正真正銘の『ビール』ですから、原材料や製法上どうしても発泡酒や第3のビールよりもプリン体は高くなるのかも知れません。

とは言うものの、プレモルやザ・モルツよりプリン体は少ないので、プリン体が気になるけど本物のビールを飲みたい場合はパーフェクトサントリービールがお薦めです。

ぜひ飲んでみて下さい!
 

 

日本酒やウイスキー、焼酎のプリン体は多い?

パーフェクトサントリービールのプリン体についてはお分かりになったと思いますが、ココで他のお酒のプリン体についても見ておきましょう。

・日本酒は100mlあたり約1.2㎎

・ウイスキーは100mlあたり約0.1㎎

・焼酎は100mlあたり約0㎎

・ワインは100mlあたり約0.4㎎

 

・・・こんな感じです。

⇒ 痛風・尿酸財団を参考

 

こうして見ると、ビールってかなりプリン体が多く含まれるお酒だってことが分かりますね。

基本的に、日本酒やワイン、ビールなどの醸造酒はプリン体が多く、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はプリン体が少ない傾向があります。

プリン体が気になるなら醸造酒よりも蒸留酒を選ぶと良いでしょう!

 

そもそもプリン体とは?悪い成分なの?

意外と知られていませんが、プリン体は私たちの体を活動させたり維持して行くために必須の成分です。

プリン体は細胞の分裂や代謝に関わっていますし、体を動かす、内臓を動かすエネルギーの元でもあります。

つまり生命活動に必須の成分なんですよ。

ですから、元々は悪い成分では全然ないんですよ!

 

また、プリン体自体は私たちの体内でも作られていますし食品から摂取することもできます。

一般的に食品からの摂取は1日に400㎎までとされているそうですが、長期的に過剰に摂取し続けると『痛風』といったツラーイ病気になるのは知っていると思います。

プリン体が体内で使われて残ったカスが『尿酸』で通常は尿などで排出されますが、プリン体の過剰摂取などで尿酸の量が多くなると排出が追い付かず体内に蓄積されて痛風などの原因になるんですよ。

体内の尿酸が多い少ないは健康診断の『尿酸値』で分かりますのでチェックしておくと良いでしょう!

 

プリン体が多く含まれる食材について

プリン体は動物性食品、植物性食品など色々な食品に含まれています。

プリン体が多い食品としてはレバー、干物、干ししいたけ、鰹節、牛豚鳥などの肉類、魚介類、アルコール・・・など。

そもそもプリン体は含まれている食品の『うま味』に関係しており、含有量が多いほどうま味があると言えます。

「うまい物、美味しい物ほどプリン体が多い」と思っておくと良いでしょう。

⇒ 痛風・尿酸財団を参考

 

逆にプリン体の摂り過ぎで高くなった尿酸値を下げる食品がこちら。

牛乳やヨーグルトなど乳製品、ビタミンCを含む野菜類、水など。

特に水は1日に1リットルとか2リットル飲むと尿が頻繁に出るようになりますので尿酸を効率良く排出できます。

プリン体を多く摂っている食生活や尿酸値が高いと感じているなら、1日に飲む水の量を増やしてみると良いでしょう!

⇒ 大正製薬公式サイトを参考

 

結局は飲み過ぎ、摂取し過ぎがダメってこと!

パーフェクトサントリービールに限ったことではありませんが、プリン体が気になるならビールの過剰飲酒は止めることです。

パーフェクトサントリービールって糖質はゼロですがプリン体はゼロではありません。

先に述べたように、パーフェクトサントリービールは350mlならプリン体は21㎎、500mlでも約30mlの摂取量しかありませんが、毎日毎日何本も飲むと塵も積もれば山となるでトータルのプリン体量は膨大になります。

プリン体の過剰摂取はツライ痛風の原因にもなりますので、今からでも良いから少しは摂取を控えるようにすると良いかも。

いつもあなたが飲んでいるお酒のプリン体を1度チェックしてみて、1日に摂取している総プリン体量を計算してみましょう。

もし多いと感じたならお酒の量を減らしてみる、少ないと感じたならそのままの量をキープすればOKです!
 

 

プリン体はサプリでコントロールするのもお薦め!

まず、プリン体を気にするということは『尿酸』を気にすることと結局のところ意味は同じになります。

先に述べたように、プリン体が体内で使われた結果、残ったカスが尿酸ですからね。

この尿酸が排出されずに溜まって行くと『尿酸値』が高くなり、痛風などの病気の元になるので要注意。

そんなプリン体(尿酸)が気になるあなたにはサプリでコントロールする方法があります。

例えば『尿酸キクA錠』というサプリ。

主成分は菊の花由来のポリフェノールで高めの尿酸値を下げる作用があるんだとか。

飲み方も1日1粒と簡単。

この尿酸キクA錠は機能性表示食品でもあり、科学的根拠に基づいた機能を消費者庁に届け出ている由緒正しいサプリでもあります。

しっかりとした根拠があるサプリですからプリン体(尿酸)が気になる場合に飲むと良いでしょう!

 
高めの尿酸値が気になる、下げたいならこのサプリ!
 
⇒ 「尿酸キクA錠」の詳細はこちらから!

 

飲んでみた味の感想は「何コレ!美味い!」

パーフェクトサントリービール(サントリー パーフェクトビール)は数ある糖質ゼロ・糖質オフビールの中でも群を抜いて美味しい味をしています。

普通、糖質ゼロとかのビールになるとビール特有のコクやうま味、苦味などが薄ーくなることが多い。

味がぼやけると言うか、ビールの風味とは別物になるわけ。

 

その点、パーフェクトサントリービールはコクやうま味・苦味もしっかりとあり、ビールの濃厚さも味わうことができます。

もちろん香りもビールだし、のどごしもビールのまま。

多分、パーフェクトサントリービールということを隠して誰かに飲ませても、コレが糖質ゼロビールだとはまず思わないでしょう。

それくらい普通のビールとほとんど風味に違いはないので。

 

恐らく、糖質ゼロビールの中では1番美味しいのがパーフェクトサントリービールだと言っても言い過ぎじゃないと思います。

ですから、「糖質が気になるけどビールが飲みたい!」って思うならこのパーフェクトサントリービールを選ぶと良いでしょう。

ちゃんと糖質制限しながら美味しいビールを味わえますし、もちろんプリン体もかなり制限できますので一石二鳥でお薦めです!
 

サントリー パーフェクトビールがまずいは本当か検証!
サントリー パーフェクトビールがまずいという意見がありますが本当なのでしょうか?実際にサントリー パーフェクトビールを飲んで味を検証してみました!その結果はまずい?美味しい?

 

他の方の口コミをチェック!良い面悪い面ある!

パーフェクトサントリービールを飲んだ方の口コミを良い口コミと悪い口コミの両方をご紹介しますね。

参考にして下さい。

 

悪い口コミ

ビールというより発泡酒っぽい。

アルコール臭が気になる。

安かったので1ケース買ったがちょっと後悔。

一番搾り糖質ゼロの方が後味にホップの苦みを感じられてビールの美味しさが強い。

引用元:アマゾン

 

あくまで個人的な感想ですが、松嶋菜々子さんたちのCMと糖質ゼロそしてクーポンで少し安かったので1箱頼みました。

変な苦味が強く飲みづらい。

スッキリさがあまり無い気がしました。

自分としては糖質ゼロなら麒麟のほうが喉ごし、呑んだ後の気分もぜんぜん良かったです。

何にしろ自分には合わなかったかなぁ。

引用元:アマゾン

 

糖質0の割には美味しいと思う。

だだ、やはり普通のビールには負けるな〜

キレがあると言われればそうなんだけど、単にアッサリしてるだけ、とも言える。

不味くはないけど物足りないってのが正直な感想です。

引用元:アマゾン

 

良い口コミ

旦那がいつも飲んでいます。

他の商品と飲み比べても糖質0の感じがないくらい同じらしい。

おいしいみたい。

違うメーカーの糖質ゼロはまずいらしい。

引用元:アマゾン

 

これまでよ糖質オフ、糖質ゼロはやっぱり通常のビールの方がうまいとなっていたがこれは飲める。

糖質ゼロと信じて罪悪感なく毎日飲める

引用元:アマゾン

 

キ○ンよりこっちの方が味が濃い感じでいいです。

引用元:アマゾン

 

糖質ゼロのビール、色々試しましたが、このビールが糖質ゼロとは思えない美味しさで満足しました。

アルコール度数も丁度良い!

引用元:アマゾン

 

・・・以上、パーフェクトサントリービールの口コミでした!

 

パーフェクトサントリービールの成分や原材料

参考程度ですが、パーフェクトサントリービールのプリン体を含む全成分や原材料も見ておくと良いでしょう。

 

『成分(100mlあたり)』

エネルギー32kcal、たんぱく質0.1〜0.3g、脂質0g、炭水化物0〜0.8g(糖質0g、食物繊維0〜0.4g)、食塩相当量0〜0.02g、プリン体 約6.0mg

 

『原材料』

麦芽 (外国製造)、ホップ、糖類

引用元:サントリー公式サイト

 

ちなみに原材料にある『糖類』ですが、「なぜ糖質ゼロなのに糖類が?」と言う疑問に対する答えがこちら。

 

『パーフェクトサントリービール』は、狙いの味わいを実現するために、ビールの原料として認められている糖類を使用しております。

製造過程で使用した糖類は、大部分が酵母によりアルコールに変換されるため製品中にはほぼ残りません。(100mlあたり糖質0.5g未満)

食品表示法の食品表示基準により、0.5g/100ml未満の場合は「糖質ゼロ」と表記してよいと定められており、その基準に則り「糖質ゼロ」と表示しております。

引用元:サントリー公式サイト

 

追記すると、そもそも麦芽などに含まれる糖質ってビール特有のコクやうま味の元になるんですけど、パーフェクトサントリービールなどの糖質ゼロビールではその名の通り糖質をカットしています。

そのため、そのままではコクもうま味も何も無いので『糖類』を使用してコクやうま味を表現しているんですよ。

そしてこの糖類は製品にはほぼ残らないので気にする必要もありませんってことです!

 

気になる一番搾り 糖質ゼロとの比較はこちら!

パーフェクトサントリービールよりも先に販売された『一番搾り 糖質ゼロ』との比較についてです。

味や栄養成分(プリン体など)、原材料などを簡単にですがご紹介しますね。

 

味の比較

パーフェクトサントリービールの味については先に述べたので割愛して、ココでは一番搾り 糖質ゼロの味をレビューします。

正直に言いますと、一番搾り 糖質ゼロの味は薄い感じです。

パーフェクトサントリービールのようなビール特有の濃厚なコクやうま味は弱く、なんだか薄いとしか表現できない味なんですよ。

個人的に普通の一番搾りは好きでよく飲むのですが、コチラの一番搾り 糖質ゼロを一口飲んだら「ん?なんだこりゃ?」ってなりましたね。

普通の一番搾りのイメージで飲んだので、その味の違いにちょっとビックリしました。

まずいってわけじゃないんですけど、何か味に物足りなさがあると言うか、やはり薄いとしか言いようがない感じ。

ですから、普通の一番搾りのような味を期待して飲むとビックリすると思います。

ただ、のどごしはしっかりとしたビールそのままなので、飲み心地はかなりスッキリして良い感じと言えます。

 

 

栄養成分(カロリーやプリン体など)の比較

パーフェクトサントリービールの栄養成分も先に述べたので、ココでは一番搾り 糖質ゼロの栄養成分をご紹介します。

 

『栄養成分(100mlあたり)』

エネルギー23kcal、タンパク質0.1g、脂質0g、炭水化物0.6g(糖質0g、食物繊維0~0.4g)、食塩相当0g、プリン体3mg

引用元:キリン公式サイト

 

気になるプリン体ですが、パーフェクトサントリービールは100ml中6gでしたが、一番搾り 糖質ゼロは3mgとなんと半分!

プリン体の含有量では一番搾り 糖質ゼロの方が少ないので気になる方はこちらを飲んでみると良いかも?

 

原材料の比較

原材料もパーフェクトサントリービールは先に述べているので、一番搾り 糖質ゼロの原材料を紹介します。

 

『原材料』

麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、糖類

引用元:キリン公式サイト

 

原材料に関してはパーフェクトサントリービールも一番搾り 糖質ゼロもほぼ違いはありません。

あまり気にする必要はないでしょう。

 

ちなみにですが、パーフェクトサントリービールのアルコール度数は5.5%、一番搾り 糖質ゼロは4%です。

ですから、より普通のビールに近い度数を味わえるのはパーフェクトサントリービールってことかな。

あえて言えば、味もコクもうま味も濃厚さもパーフェクトサントリービールが上かな?って思いますし。

ただし、プリン体の量で言えば一番搾り 糖質ゼロの方が少ないので悩む所ですが、まぁ結局は好みの問題になりますね。

僕はパーフェクトサントリービール一択ですけど!

 

パーフェクトサントリービールの価格情報!

パーフェクトサントリービールの価格をイオンで調べてみました。

実際、パーフェクトサントリービールの価格は販売店次第なのですが、イオンならどこにでもありますし価格チェックがやりやすいので。

その結果、350mlは税込195.8円、500mlは税込250.8円でした。

この価格が平均価格だとは言いませんが、1つの参考価格としては有用なのであなたがよく行くスーパーやコンビニなどと比較してみて下さい。

で、価格が安い方で買うと良いでしょう。

ちなみにイオンだとパーフェクトサントリービールと一番搾り 糖質ゼロはほぼ同じ価格です!

 

また、パーフェクトサントリービールはアマゾンや楽天などネットで通販すると多少安くなります。

ただし、24缶とかまとめ買いをする必要がありますけど。

例えばアマゾンの場合、パーフェクトサントリービール350ml×24缶だと税込4,548円となり1本あたり税込190円に。

パーフェクトサントリービール500ml×24缶だと税込5,889円となり1本あたり税込245円に!

イオンで買うよりも1本あたり5円ほど安くなりますので、できるだけ安く買いたい方はネット通販をすると良いでしょう。

玄関まで持って来てくれるのも意外と便利ですから!
 

 

タイトルとURLをコピーしました