こくいもがまずいはウソ?美味しい飲み方がある!?

こくいもが安いからと言って味がまずいと思っているあなた!それは大きな間違いで飲み方(割り方)次第では中々に美味しいんですよ。そんなこくいもの美味しい飲み方と実際に飲んだ感想をレビューしてみました!

 

こくいもがまずいはウソでかなり飲みやすい芋焼酎!

サッポロビールから販売されているこくいもって価格的に25度の紙パック(1.8L)で税込1,000円程度、ウチの近くのイオンだと税込900円台後半くらいで買える安い甲乙混和芋焼酎です。

だからか「こくいもの味はまずい!」って思っている方も多いかと思いますが、それはウソで間違い!

飲み方(割り方)次第ですが、実際に飲んでみると『価格の割に』中々飲みやすい芋焼酎ということが分かります。

確かに安っすい焼酎の中にはやっぱり価格なりに「まずい」味の商品もありますが、こくいもに関しては違います。

多分あなたが思っている以上に飲み方次第では口当たりが良くて飲みやすい焼酎と言えるんですよ!

 

こくいもの飲んだ味の特徴は「芋!」っていう感じはそこまでなくて軽め、芋焼酎が苦手な方でも全然飲めるくらい。

香りも「芋!」っていう感じはなくて中々にまろやか、芋焼酎の香りが苦手な方でも違和感なく嗅げるくらい。

まずいという感じではなくかなり飲みやすいし、比較的「うまい」部類に入る芋焼酎と言えるんじゃないかな?

そのため、こくいもは芋焼酎が苦手な方や初心者の方にはピッタリな焼酎だと思います!

 

ただ、普段から芋の風味ガッツリな本格芋焼酎を飲んでいる方にとってはこくいもは物足りなく感じて「まずい」と思うかも?

僕も普段は黒霧島などをよく飲んでいるので初めてこくいもを飲んだ時に風味が「え、軽い!」って思いましたから。

まずいワケじゃなくて芋焼酎本来の風味がちょっと軽い感じ、薄い感じって言うのかな。

やっぱり甲類乙類混和焼酎だなぁって感じ?

全然飲めるんですよ、こくいも自体の味は『価格を考えれば』中々に美味しいと思うし飲みやすいから。

でも本格芋焼酎を飲み慣れている方からすればこくいもの風味は物足りなくて「まずい」と感じるかも知れないのでこの点は知っておいて下さいね!
 

 

美味しいお薦めの飲み方はお湯割り!

個人的に、こくいもを飲む時はお湯割りで飲んでいます。

このお湯割りはこくいもを飲む時の1番のお薦めでもあるし、こくいもの風味を1番味わえる飲み方だと思ってます。

 

先に述べたように、こくいもは本格芋焼酎と比べて芋の風味が軽い、薄い感じなんですよ。

お湯割りはその焼酎の風味をより際立たせて味わえる1番美味しい飲み方です。

だから、こくいもの場合もお湯割りにすることでこくいも自体が持っている『芋の風味』をより味わえる感じがするんですね。

加えて元々の口当たりも良いからお湯割りで飲むことはかなり美味しいです。

意外とスイスイ飲めますので悪酔い注意、酔っ払い注意ですけど!

 
★参考にしてみて!
 

 

ただしこくいもをお湯割りで飲む場合、お湯の割合は濃い割合にした方が風味が良く感じられます。

例えばこくいもとお湯の割合が1:3だと薄く感じるので、割るならせめて1:2、個人的には1:1で割るのがちょうど良い濃さになる感じかな。

黒霧島などは1:3で割ってもしっかり芋の風味はするんだけど、こくいもはそうじゃなくて薄くなるんですよね。

ココが黒霧島など本格焼酎とこくいもなど甲類乙類混和(甲乙混和)焼酎の違いだと思ってます。

個人的にはこくいもを始めとする甲乙混和焼酎は風味が軽い薄いので、割るなら濃い割合で飲むことをお薦めします!

 

ストレートやロックはまずい?

「じゃぁ、こくいものストレートやロックはどうなのよ!」っていう方も居るかもしれませんが、さすがにこくいもレベルでストレートやロックを飲むのは中々にキツイ。

まずいわけじゃないけど、アルコールっぽい香りや味が先に出てきて飲みにくい。

ストレートだとこのアルコールっぽさがより強調されて目立つ感じで、喉を通った後も残っている感じ。

ストレートでよくある喉を通る時のカッとする感じもかなりキツめ。

個人的には1度飲んだらもうしない飲み方ですね。

 

こくいものロックの場合は氷が入る分多少はアルコールっぽさは緩和されてマイルドになる感じはあるけど、それでもまだまだアルコールっぽさが目立って美味いとは言い難い。

飲み心地もやっぱりキツイし。

ロックもストレートと同じく1度試したらもうしない飲み方かな。

 

ストレートやロックってやはりある程度のレベルの焼酎でないとその風味を堪能するのは難しいかと。

黒霧島とかの本格焼酎レベルだとストレートやロックも美味しいってこと。

そういう理由でこくいもをストレートやロックで飲むことを僕はもうしてないしお薦めはしません・・・

 

実は炭酸で割るハイボールもうまい!

こくいもを炭酸水(ソーダ水)を使った割り方の『焼酎ハイボール』として飲むのは全然アリ。

こくいも本来の風味と炭酸のシュワシュワ感が意外と合うのでかなり飲みやすくなります。

ストレートやロックで目立ってたアルコールっぽさもほぼ感じなくなりますし、飲み心地がずっとマイルドになる感じ。

喉を通る時も炭酸水のスッキリした喉ごしで爽やかさを感じつつ飲んで行けますし。

芋焼酎の風味が苦手な方でもこの焼酎ハイボールなら風味が抑えられてグッと飲みやすさがアップしますので意外とお薦め。

風味ではお湯割りには及ばないけど、飲みやすさを優先するならこの焼酎ハイボールがお薦めです!

 

また、この焼酎ハイボールも割るなら濃いめの割合が美味い。

ただ、こくいものお湯割りと違ってこちらの飲み方は1:1ではなくて1:2くらいで十分こくいもの風味を味わえます。

僕もこくいもの飲み方としてはお湯割りの次によく飲んでいる飲み方ですね。

ぜひあなたも両方の飲み方を試してみて、どっちが自分に合っているのか?をチェックしてみて下さい!

 

カロリーや糖質、プリン体など栄養成分について

まず、こくいものカロリーですが、実は公式サイトを含めて記載がどこにも見当たらないんですよ。

そこで参考程度になりますが、同価格帯で同じ甲類乙類混和の『すごいも』には公式サイトにカロリーの記載があります。

それによると100mlあたり142キロカロリーとなっています。

こくいもの場合は全く同じカロリーではないでしょうがこれに近い値になると思われますので、大体ですが100mlあたり142キロカロリー程度と考えると良いでしょう。

あくまで参考としてお願いします!

⇒ すごいも公式

 
★すごいものレビューもどうぞ!
 

 

一方、こくいもの糖質ですが、これはゼロです。

芋、麦、米、ソバ、甲類乙類混和など焼酎全般に言えることですが、糖質はどれもゼロです。

なんでも焼酎は製造する過程で『蒸留』するので糖質はゼロになるんだとか。

僕のような素人にはよく分かりませんケド・・・・

まぁとにかく、糖質がゼロならダイエット中の方や血糖値が気になる方でも安心して飲めると思いますよ。

あのライザップでもダイエット中は焼酎なら飲んでも良いそうなので。

こくいもに関しては糖質のことは全然考えなくても良いでしょう!

⇒ よくあるご質問(サッポロビール公式)

 

ちなみに、プリン体も焼酎はほぼゼロです。

糖質の場合と同じく『蒸留』過程でほぼゼロになるんだとか。

当然こくいももほぼゼロなので尿酸値や痛風が気になる方でも飲んでOKですよ!

⇒ よくあるご質問(サッポロビール公式)

 

原材料をチェック!

あと、こくいもの原材料ですが、

・焼酎甲類(国内製造)85%(糖蜜)

・焼酎乙類15%(さつまいも、米麹(タイ産米))

引用元:こくいも公式

 

・・・となっています。

 

糖蜜はサトウキビ由来、さつまいもや米麹もこくいもに使用されていますが、やはり蒸留する過程で糖質などはゼロになります。

同時にいわゆるタンパク質や脂質などの栄養素もほぼなくなります。

残るのはアルコール成分のみと言えるのが焼酎というお酒だと考えると分かりやすいと思いますよ!

 

こくいもに賞味期限はない!ただし未開封で!

意外に思うかもしれませんが、こくいものような焼酎に賞味期限はありません。

焼酎はアルコール度数が高いので腐敗を引き起こす雑菌が繁殖することがほぼないからなんですよ。

そのため、こくいもには賞味期限についての記載はありませんし他の焼酎にも記載はないんですね。

念のため、あなたが持っている焼酎をチェックしてみて下さい。

賞味期限についての記載はないはずなので!

 

ただし、こくいもなどの焼酎で賞味期限を気にする必要がないのは『未開封』である場合のみ。

開封後であれば、やはり色々な原因から風味などの劣化が起こり始めます。

ですから、こくいもの開封後は早めに飲んでしまうのが良いでしょう。

1か月くらいを目安に飲み切るようにするとそこまで風味が劣化せず美味しいまま飲むことができますよ!

⇒ よくあるご質問(サッポロビール公式)

 

こくいもの種類!黒、赤、やわらか、ゴールド、橙がある!

いまさらですが、ココまで紹介したこくいもは『黒』という種類です。

黒麹仕込みの芋焼酎であり、どこのスーパーや酒店にも置いてあるスタンダードな種類になります。

 

このほか、こくいもの『赤』もよく見かけますね。

赤はその名の通り「赤芋」を原料の一部に使用している種類。

こくいもの赤と黒との違いは赤の方が甘味や香りがより芳醇な感じがありますよ。

 

また、こくいもの『やわらか』というのもあり、こちらは4Lのボトルタイプ。

その名の通り、味に柔らか味があるので飲みやすい感じがあります。

 

そしてこくいも『ゴールド』は限定販売でしたがすでに生産終了。

濃厚な風味が特徴らしいですが、在庫もほぼないでしょうからもし見つけたらラッキーかも?

 

最後にこくいも『橙』も生産終了している種類。

こちらももう飲むことはできないし、僕も飲んだことないのでどんな味かは分からず残念です!

⇒ こくいも公式サイトで種類をチェック!

 

こくいもの価格は販売店で違いがある!

こくいもの価格は販売店ごとに違いがあり、例えば僕が買ったのは25度の紙パック1.8Lのやつでイオンだと税込で約950円程度だったかな。

まぁ、同じイオングループでも価格差がありマックスバリューとかはもう少し高めの価格だった気がする。

一方、近くのドラッグストア(アルカなど)だとセールで確か税込で800円台後半だった。

こんな感じでこくいもの価格は各販売店でそれぞれ違いがあるんですよ。

もちろんネット通販でもアマゾンと楽天とかだとやはり価格に違いがありますし。

そのため、安い価格でこくいもを買いたい場合はあなたの近くのスーパーや酒屋、ドラッグストアなどを色々とチェックすると良いでしょう!

 

ただ、基本的にはどの販売店もこくいもは1,000円程度の価格だと思うので、そこまで気にする必要はないかと。

かなり安い部類の焼酎になりますので、気軽にお試し感覚で買って飲むと良いと思います!
 

 

より美味しいお湯割りを飲むなら『水』選びが大事!

こくいもはお湯割りで飲むことがお薦めと言いましたが、実はお湯割りって使う『水』次第でかなり美味しさが変わります。

つまり『良い水』を使えばより美味しいお湯割りを飲むことができるってワケ。

普通はペットボトルのミネラルウォーターなどを使う方が多いと思いますが、僕はウォーターサーバーをお薦めしたい。

なぜなら最近のウォーターサーバーって日本各地の名水や天然水、純水など高品質な水を色々と使用しているから。

『水』自体が元々からして美味しいんですね。

しかもお湯モードがあるのでササっとお湯割りができちゃう手軽さも便利ですし。

そのため、こくいもをより美味しくお湯割りで飲みたい場合は高品質な良い水を選べるウォーターサーバーが使いやすいですよ。

※もちろん他の焼酎にもお薦め

 

基本的に、聞いたことのある有名なウォーターサーバーを選べば問題はありません。

例えば、CMでも人気の「プレミアムウォーター」などがお薦めです。

アンジャッシュの大島さん、いや児島さんがCMで出演してるやつですね。

あなたもウォーターサーバーの高品質な良い水で美味しいこくいものお湯割りを飲んでみてはいかがですか?

 
※シェアNO.1!サーバーレンタル無料あり!送料無料!で便利!
 
⇒ プレミアムウォーターの詳細はこちらから!



 

 
★同シリーズのこいむぎのレビューもどうぞ!
 

 

タイトルとURLをコピーしました