※本サイトはPRや広告が含まれます。

カナディアンクラブがまずい?うまい?は飲み方次第!

カナディアンクラブ(1858オリジナル)

 
カナディアンクラブ(1858オリジナル)がまずいのか?うまいのか?色々な飲み方で味を試してみました!その結果は?カナディアンクラブのまずい飲み方、うまい飲み方を実際に飲んでみてレビューしています。

 

カナディアンクラブがまずい?いえ、ハイボールがうまい!

カナディアンクラブ(1858オリジナル)を色々な飲み方でまずいのか?うまいのか?を試した結果、うまい飲み方はハイボールでした。

カナディアンクラブのハイボールを実際に飲んでみると分かると思いますが、まずいどころかかなり口当たりも良くスッキリとした印象が強い飲み方です。

カナディアンクラブは『カナディアンウイスキー』というジャンルですが、このジャンルはスコッチウイスキーよりも飲みやすいのが特徴。

ですからこのカナディアンクラブも飲みやすいのは当たり前、ハイボールで飲んでもまずいどころかかなり「うまい!」ウイスキーだと言えるんですね。

そんなカナディアンクラブのハイボールを飲んでレビューしたのがこちらです!

 
※ハイボールはこんな感じの色と見た目。
 
カナディアンクラブのハイボール

 

カナディアンクラブのハイボールを飲んだ時の第一印象は先に述べたような「かなり飲みやすい!」で、この飲み心地はウイスキーをあまり飲んだことがない方にお薦めだと思いました。

香りもキツイことはなくてほんのりと「あ、ウイスキーだ!」って感じるくらいで比較的薄めというか軽い感じ。

味もクセがなくて甘みやコクがあり、飲んだ時に口の中で広がるウイスキーの風味が中々にマイルドで芳醇な感じがありますよ。

このカナディアンクラブの香りと味が炭酸水と上手くマッチしてハイボールとしてはかなり美味しく仕上がっていると感じました。

個人的にも気に入っているウイスキーの1つで、これなら常備して普段飲みしても良いかなぁって思っているくらい。

価格も安いしね。

 

ウイスキーって価格が高ければ高いほどうまいってわけでもないし、安いからまずいってわけでもない。

ある意味好みに左右されやすいお酒でもあり、だからこそ本当に自分に合うウイスキーを見つける楽しみもあるんですよ。

そのため、ココで紹介しているカナディアンクラブのハイボールの味もあくまで参考程度にして、まずは自分自身で飲んでみて欲しいです。

「まずいか?」「うまいか?」ぜひお試しを!
 

 

うまいハイボールの飲み方のポイントは3つ!

先にカナディアンクラブがまずいって思っている方にはハイボールがお薦めだと言いましたが、ココではもっとうまいハイボールの飲み方についてです。

とは言ってもポイントはたった3つで、

強めの炭酸水を選ぶ

グラスをキンキンに冷やす

ウイスキーと炭酸水の割合

 

・・・って感じ。

 

これら3つのポイントを満たすだけで、今までとは違ったカナディアンクラブのハイボールを楽しめます。

少々面倒くさいって感じる方も居るかも知れませんが、美味しい物を飲んだり食べたりするには手間ヒマがかかるもの。

たまにでも良いのでこだわってみると良いでしょう!

 

強めの炭酸水を選ぶ

弱めの炭酸水よりも強めの炭酸水の方がハイボールはよりうまくなります。

飲んだ時の風味やのど越し、爽快感が全然違ってきますから。

 

そんな強めの炭酸水は市販の「強炭酸」って記載のあるものを選んでも良いけど、どうせなら自分で炭酸水を手軽に作ることができる『e-soda』などのソーダマシン(炭酸水メーカー)を使うのがお薦め。

炭酸水の強度を調節することができ、スーパーなど市販の強炭酸と記載のある炭酸水よりも強いものを作ることが可能。

お好みの強さで炭酸水を作ることができ、自分好みの炭酸水を作れるのも大きなポイント。

しかも出来立てホヤホヤの強炭酸水は味もかなりうまい!

カナディアンクラブのハイボールにはピッタリなので、強炭酸水を作れるソーダマシンは持っていればかなり便利ですよ。

『e-soda』などで強めの炭酸水を作ってうまいハイボールを飲んでみて下さい!
 
※500mlボトルなら1本あたり約18円で作れてお得!
 
⇒ e-sodaの詳細はこちらから!



 

グラスをキンキンに冷やす

1番良いのはグラスに氷をタップリ入れてマドラーなどでグルグルかき混ぜて冷やすこと。

面倒なら冷蔵庫や冷凍庫でグラスをあらかじめ冷やしておくと良いでしょう。(←僕はこっち)

冷えたグラスで飲むことって意外と盲点なのですが、ハイボールの風味をより高めてくれますのでやってみて下さいね。

 

ウイスキーと炭酸水の割合

これには色々な意見があり、ウイスキーと炭酸水は「1:3」が良い方、「1:4」が良い方など人それぞれ。

個人的には「1:3」くらいが良い具合にウイスキーと炭酸水が混ざって美味しいハイボールになると思ってますので飲む時はこの割合が多いかな。

まぁ、好みもあると思いますので自分自身でどの割合が良いかアレコレ試してみると良いでしょう。

 

以上、3つのポイントを知ってカナディアンクラブのうまいハイボールを飲んでみて下さい!

 

あと補足ですけど、ハイボールにレモン果汁を入れると通常のハイボールと風味がまた変わってお薦めです。

スーパーなどで売っている100円くらいの『ポッカレモン』などを使っても良いし、レモン風味の炭酸水でもOK。

どちらも簡単に手に入ると思いますので1度使ってみて下さいね。

 

ハイボール以外のお薦めの飲み方も色々あるよ!

カナディアンクラブがまずいと思っている方へ、ハイボール以外で飲んだレビューもご紹介しておきますね。

例えば、ジンジャエールとかコーラとかトマトジュース、オレンジジュースなどで割って飲むことはいかが?

ネットなどで探せば、炭酸水以外の色々な割り材を使ったウイスキーの飲み方が出てきます。

個人的には炭酸水を使ったハイボールが1番好きですが、コーラ割りもたまーに作って飲んだりします。

コーラのあまーい味が意外とウイスキーに合うのでお薦めですね。

ただ、過度に甘味が強すぎるとジュースのようになってウイスキーの味がしなくなりグイグイ飲んでしまってある意味危険。

飲み過ぎちゃうので気を付けて下さい!

 
※コレがコーラ割り。
 

 

見た目がモロにコーラそのものですが、味はウイスキーとコーラが良いバランスになっています。

香りはコーラが強めだけどちゃんとウイスキーの香りもある。

ウイスキー次第で味もかなり変わりますのでカナディアンクラブ以外でも試すと良いかも?

 

また、カナディアンクラブは先に述べたように香りは軽めで味にクセがないのでロックやストレート、水割りやお湯割りで飲んでも中々イケます。

どれもウイスキーのスタンダードな飲み方ですけど、だからこそどんなウイスキーにも合う飲み方とも言えます。

カナディアンクラブはハイボールがお薦めですが、こういった別の飲み方を試してみるのも全然アリだと思いますよ!

 
※コレがロック。
 
カナディアンクラブのロック

 
ロックはハイボールよりもカナディアンクラブ本来の風味を味わえる飲み方です。

よりカナディアンクラブの風味を堪能したい場合はこのロックで飲むと良いでしょう。

ウイスキーとしての香り、ウイスキーとしての味をハイボールよりもかなりダイレクトに味わえますから。

氷が入っている分、(後述する)ストレートよりも飲みやすくなっています。

 
※コレがストレート。
 
カナディアンクラブのストレート

 
ストレートもハイボールよりカナディアンクラブ本来の風味を味わえる飲み方の1つ。

ただ、ウイスキーそのままを飲むことになるのでロックよりも飲み心地はキツく感じるかも知れず、飲み方としては好き好きがハッキリと別れる飲み方だと思う。

僕も実は苦手なので量は少ししか飲んでません!

 
※コレが水割りやお湯割り。
 
カナディアンクラブのお湯割り

 
実はカナディアンクラブに限らず水割りやお湯割り(ホットウイスキー)も好きなんですよ。

飲みやすさはハイボールの方が上だけどウイスキー本来の風味が1番楽しめる飲み方だと思いますので。

そのまま水と氷で水割りとして飲んでもうまいし、ぬるめやアッツアツのお湯割りにして飲んでもうまい。

意外とオススメの飲み方です!

 

実際に飲んだ方の評価!まずい?うまい?

カナディアンクラブを飲んだ方のまずい評価とうまい評価をご紹介。

カナディアンクラブを飲む場合の参考にしてみて下さい!

 

まずい評価

コスパがよいですが、風味が苦手でした。

引用元:アマゾンレビュー

 

ハイボール用に購入したが、好みの味ではない。

オールドバーの方が美味しいと思う。

引用元:アマゾンレビュー

 

うまい評価

昔からCCの愛称で親しまれており、若い頃良く飲みました。

最近は飲んでなかったのだ久々に購入したところとても美味しかった。

香りとやさしい舌触りが好きで楽しんでます。

引用元:アマゾンレビュー

 

これまでは家ではビールばかり飲んでいたが、コスパや健康のことを考えウイスキーにしてみた。

水割りでもハイボールでも飲みやすく価格もお手ごろなため、リピート予定

引用元:アマゾンレビュー

 

ちょっとウイスキーが飲みたいな、という時にかる〜く飲めます。

スッキリした口当たりで、匂いもキツくないので飲みやすいです。

引用元:アマゾンレビュー

 

カナディアンクラブで作ったハイボールが一番飽きずにおいしく飲めます。

引用元:アマゾンレビュー

 

・・・カナディアンクラブを飲んだ方の評価でした!

 

カナディアンクラブの評価は上記以外にもアマゾンにはたくさんあるので見ておいて下さい。

また、楽天にもたくさんあるので合わせて見ておくと良いでしょう。

 

カナディアンクラブの歴史や特徴など!

カナディアンクラブを飲むだけなら歴史や特徴などは知っておく必要はありません。

ただ、ウンチクというか知識の1つとして知っておいても損はないのでザっとでも良いので見ておいて下さい。

 

歴史を簡単に説明すると・・・

カナディアンクラブは『世界五大ウイスキー』の1つカナディアンウイスキーで1番知られている銘柄ですね。

世界五大ウイスキーとは、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、ジャパニーズ、そしてカナディアンの5つ。

そんなカナディアンクラブは『C.C.』とも表記され、世界中でよく知られているウイスキーの銘柄です。

 

実はカナディアンウイスキーと言いながら創業者はなんとアメリカ人で、1858年にハイラム・ウォーカーという人が製造を始めたのがきっかけです。

その製造場所がカナダのオンタリオ州ウインザーって所だったのでカナディアンウイスキーと呼ぶようになったそう。

ココはアメリカと川を挟んだ対岸にありアメリカにめちゃくちゃ近い。

しかもアメリカは元々ウイスキーの一大消費国!

その立地条件もあって、輸出も好調で当時から大人気を得たそうな。

現在では世界約150か国で飲まれているウイスキー銘柄であり、日本でも1909年(なんと明治42年)から飲まれているそうです!

 

簡単ですが、コレがカナディアンクラブのザっとした歴史。

もっと詳しく知りたい方はカナディアンクラブの公式サイト(サントリー公式)に記載があるのでチェックしてみて下さい。

より丁寧にカナディアンクラブの歴史が分かりますので!

⇒ カナディアンクラブ公式サイトへ

 

カナディアンウイスキーの特徴と言えば・・・

カナディアンクラブを始めとするカナディアンウイスキーの特徴と言えば『ブレンデッドウイスキー』であることです。

読んでの通り、2つのベースとなるウイスキーをブレンドしたもの。

1つは『フレーバーウイスキー』で麦類(大麦やライ麦)が原材料、もう1つが『ベースウイスキー』でトウモロコシなどが原材料。

これら2つをブレンドして作っているのがカナディアンウイスキーってわけ。

こうすることで、いわゆる世界5大ウイスキーの中でも1番風味がマイルドで飲みやすい口当たりのウイスキーに仕上がるそうです。

そのため、ウイスキー初心者でも抵抗なく飲める銘柄となっていますよ!

 

やはり簡単にですが、コチラがカナディアンウイスキーの特徴です。

カナディアンクラブの歴史と同じく公式サイトにてより詳しい記載がありますのでもっと知りたい方はチェックしてみて下さい!

⇒ カナディアンクラブ公式サイトへ

 

カナディアンクラブは日本では人気がない!?

個人的な感覚ですが、カナディアンクラブを始めとするカナディアンウイスキーって日本ではあまり人気ではない気がします。

それはカナディアンクラブがまずいとかどうとかが理由ではありません。

日本はどうしてもスコッチウイスキーが主流で、次にアメリカンウイスキー(バーボンなど)って感じです。

その他のアイリッシュやカナディアン、我らがジャパニーズは中々にマイナーって感じがする。

ただ、カナディアンウイスキーはスコッチウイスキーに次いで世界では第2位の生産量だそう。

そのため海外ではかなり人気があるみたいなんですけどねぇ。

 

ウイスキーの日本での歴史を調べてると、どうやらスコッチウイスキーの影響を大きく受けていることが分かります。

そもそも最初に作られた国産ウイスキー自体がスコッチウイスキーをベースに作られているらしく、実際にスコットランドで製造法を学んだ方が作ったそうですから。

※NHKの朝ドラ『マッサン』がこのあたりの話

こういったことから、日本人はカナディアンではなくスコッチウイスキーの方が人気で接する機会も多かったので主流なのかも知れません。

もし当時、カナディアンをベースにしてたら今頃はウイスキーでは1番人気だったかもね?

 

飲んだ感じや味などで言えば、スコッチウイスキーよりもカナディアンウイスキーの方が美味しい気がするんだけどな。

スコッチウイスキーは当たりはずれが大きくて価格が高くてもまずいやつも結構あったりしますから。

個人的にはカナディアンクラブなどカナディアンウイスキーがもっと普及して欲しいです。

カナディアンクラブはまずいワケでもなく、「むしろうまいのに!」って日々思ってますので!

 

価格や販売店情報!コスパが良いのが大きなメリット!

実際のところ、カナディアンクラブの価格は販売店次第で全然異なっています。

例えば、個人的によく行く近場のイオンの場合は700mlが税込1,317円でウイスキーコーナーに置いてあります。

ただ、基本的には1,000円以上1,500円以下くらいの価格が多い感じ。

 

また、ネット通販の場合はこれらの価格に送料がかかってきますが、イオンなど実店舗で買えばそもそも送料はかかりません。

結果的に実店舗の方が価格は安くなることが多いので、カナディアンクラブを買う場合はイオンなどの実店舗がお薦めです。

しかしネット通販の場合、販売店次第ではまとめ買いをすると送料無料になったりしますので意外とお得になる場合もあります。

ある意味ケースバイケースとも言えますので、カナディアンクラブを買う時は価格比較をすると良いでしょう!

 

カナディアンクラブは価格も安くて味も良いのでコスパはかなり高いウイスキー。

繰り返しますが、ハイボールで飲むとまずいどころかかなりうまいです。

カナディアンクラブは数あるウイスキーの中でも飲みやすさはかなり上位に来ると思うのでぜひ1度お試しを!
 

 

タイトルとURLをコピーしました