※本サイトはPRや広告が含まれます。

白鶴まるはまずい?うまい?実際に飲んでレビューしてみた!

白鶴 まる

 
定番の日本酒『白鶴まる』の味ってまずいのか?うまいのか?実際に飲んだレビューをお届け。色々な飲み方でレビューをしているので白鶴まるが気になる方の参考になると思います!

 

白鶴まるのまずい・うまいは飲み方で変わる!

白鶴まる(白鶴 サケパック まる)の味がまずいとかうまいは飲み方次第で大きく違ってくるというのが実際に飲んでみた感想です。

白鶴まるを『冷や』『ぬる燗』『熱燗』で飲んでみたけど、同じ日本酒なのに風味や飲み心地がガラッと変わるのは不思議だし面白い。

結果的には『冷や』が1番美味しい飲み方で、次いで『熱燗』『ぬる燗』って感じでしたね。

そんな白鶴まるの3つの飲み方を以下にレビューしていますので、まだ飲んだことがない方、まずいのかうまいのかどうか気になっている方は参考にしてみて下さい!

 

冷や

香りは米の感じがかなり強く、米自体の香りがしっかりある。

味は米の甘味はやや薄めだけどコクとうま味が強く感じられ、クセもなく口当たりは良い。

飲み心地はやや辛口だがキレがあるので、意外とスイスイ飲める。

 

ぬる燗

香りは米の感じがやや強く甘い香りがあるけど、若干のアルコール臭もある。

味は米の甘み・コクやうま味もしっかりあるけど、後味に酸味や苦味も感じられる。

飲み心地は冷やほど辛口さは感じられないが、熱燗よりもマイルドな口当たり。

 

熱燗

香りは米の甘い感じがぬる燗よりも強いが、アルコール臭も同じく若干感じられる。

味は米の甘みがしっかりと感じられコクやうま味もあるが酸味が強め、苦味はない。

飲み心地はかなりマイルドで辛口さはほぼゼロ、後味はスッキリ。

 

・・・こんな感じ。

 

見て頂いたように、総合的にはぬる燗や熱燗よりも冷やの方が香りも味も飲み心地も上でうまいって感じかな。

ぬる燗や熱燗は風味は良いんだけど、アルコール臭があったり苦味や酸味などややクセがあるのでまずいと感じる方が居るかも。

そのため、白鶴まるを始めて飲む場合、まずは冷やから飲むと良いと思います!

 

ただ、ココでのレビューはあくまで個人的な感想であり参考程度。

ですから1度、あなた自身で実際に白鶴まるを飲んでみて「まずいのか?」「うまいのか?」をチェックしてみて下さい。

人には好みというフィルターがあるので、また違った結果が出ると思いますよ!

 

ちなみに白鶴まるがどうしてもダメとか合わない場合、スーパーなどで売っている他の銘柄でも良いけど日本酒のサブスクも意外とお薦めって知ってましたか?

日本酒にはサブスクがいくつかあり、有名なのが『saketaku』でしょう。

日本酒のプロが全国1.5万種から厳選した銘柄が届き、市販では手に入らない希少でうまい日本酒に出会えるサービスです。

加えて、その日本酒に合うつまみが同封されており、届いたその日からすぐに楽しむことができるのもウレシイ。

毎月1本のお届けが基本ですが、お届け間隔や本数は変更が可能。

さらに初回お届け分の代金を全額返金してくれる保証付きで、満足できなくても代金は戻ってくるので安心です。

このように『saketaku』は気軽に利用できますので、日本酒が好きであればぜひ試してみて下さいね!
 
※初回返金保証付きだからお試し感覚で始められる!
 
⇒ 「saketaku」の詳細はこちらから!

 

飲んだ方の口コミや評価ってどう?

白鶴まるを実際に飲んだ方の口コミや評価も見ておくと良いでしょう。

色々な方の感想を見るのも参考になりますので。

 

まずいという口コミや評価

不味いです。安ければいい?
同じ価格帯なら、松竹梅 天。

引用元:アマゾン

 

正直まずい
普段は同じくらいの値段帯の純米酒を飲んでます
いつも買う純米酒がたまたま売り切れでなかったので・・・仕方なく隣にあったまるを購入
う~んまずい!酔うだけにはいいかもです
少なくとも味わって飲むもんじゃない

引用元:アマゾン

 

よかったと思ったのは、なんと言っても安さだと思う。しかし、味は美味しいとは言えない気がします。

引用元:アマゾン

 

うまいという口コミや評価

ほんのり、甘口で、それでもスッキリしているので、
とても飲みやすいお酒になってると思います。
高価なお酒なら旨いのは当然ですけど、
この価格帯でも、十分に飲めるお酒ですね♪

引用元:アマゾン

 

白鶴 金のまるのレビューです。

香りはそれほど強くない…。
舌先で感じるのは、口当たりの良い透明感のある飲み口。
舌の奥で感じるのは、甘み、うま味、コクが複雑に絡み合った程よい辛さ。
呑んだ後口に残るのは。うま味と麹の風味。

つまりまとめると、美味しい!です。

引用元:アマゾン

 

やわらかな風味や味わいが良かったです。
突出した個性はありませんが穏やかな口当たりで美味しく頂けました。
普通な味わいでしたが毎日の晩酌なんかに丁度良い感じです。

引用元:アマゾン

 

私の中では日本酒というとこのお味です。
若かりし頃から日本酒というと「まる」を飲んでいたので。

中口ならではの甘みも若干ある味わいと
やや淡麗で口当たりが優しく飲みやいところが慣れ親しんだものになっています。
冷でも燗でも美味しくいただくことができるのも「まる」の魅力だと思います。

引用元:アマゾン

 

・・・以上、白鶴まるを飲んだ方の口コミや評価でした!

 

白鶴まるをまずいと感じた方の口コミや評価、うまいと感じた方の口コミや評価の両方をご紹介しました。

どちらも白鶴まるを実際に飲んだ方の感想に違いはないので、両方の言い分を見て参考にしてみて下さい!

 

白鶴まるの特徴について

白鶴まるは赤いパッケージに白地で大きく『○』が描いてあるのが昔からのトレードマークで、パッと見てすぐに白鶴まるって分かります。

その特徴は公式サイトによると、

うまみ豊かにふくらむ味わい。

すっと飲める軽快な口当たりとともに、白鶴オリジナル酵母と麹四段による豊かなうまさとふくらみのある味わいが特徴です。

バランス良く調和した味わいは、様々な料理と好相性です。

引用元:白鶴まる公式

 

・・・と述べられています。

 

個人的にも白鶴まるは飲み方次第だけどまずいことはないし、香り・味・飲み心地などにクセはなく普通に飲んで行ける日本酒だと思います。

価格も安いので普段飲みや晩酌にピッタリ、コスパも高い日本酒と言えますね!

 

度数やカロリーなど栄養成分

白鶴まるの公式サイトには度数の記載はありますがカロリーなど栄養成分の記載はないので、一般的な日本酒の数値をご紹介しますね。

100mlあたり、

度数は13~14%、カロリーは104kcal、たんぱく質は0.3g、脂質は0g、炭水化物は3.6g、食塩相当量は0g

引用元:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

 

・・・となっています。

 

お酒はアルコール度数が高くなればなるほどカロリーも比例して高くなりますので、日本酒が高めのカロリーなのも仕方がない事。

そのため、飲み過ぎるとカロリーオーバーになったりしますので注意して下さい!

 

原材料

白鶴まるの公式サイトによると、

米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール、糖類/酸味料

引用元:白鶴まる公式

 

・・・となっています。

 

パッと見、米と米こうじは日本酒の原材料として有名ですが、醸造アルコールや糖類・酸味料?って方も居ると思います。

イメージ的には悪い原材料ですけど、実際は日本酒をスッキリした味わいにしたり、甘味を出したり、味を調えたりする作用があるんですよ。

詳しくは白鶴まるの公式サイトに記載がありますのでこちらをチェックしてみて下さい!

⇒ 白鶴公式:よくあるご質問(日本酒)

 

ラインナップ(種類)

白鶴まるのラインナップ(種類)は色々と用意されています。

普段の飲む量や飲み方に合わせて選べるのは良いですね!

 

公式サイトによると、

・白鶴 サケパック まる3.0L

・白鶴 サケパック まる2.0L

・白鶴 サケパック まる1.8L

・白鶴 サケパック まる900ml

・白鶴 サケパック まる640ml

・白鶴 サケパック まるスリム500ml

・白鶴 サケパック まる300ml

・白鶴 サケパック まる200ml

・白鶴 ペーパーパック まる180ml

・白鶴 サケパック まる180ml

 

・・・となっています。

⇒ 白鶴まる公式

 

白鶴上撰との違い

香りや味は白鶴上撰の方が甘味・うま味・コクなど全て上、白鶴まるの方が全体的に薄く感じる。

原材料も白鶴上撰は米・米麹・醸造アルコールのみだけど、白鶴まるの方は糖類や酸味料で味を調整している。

価格も白鶴上撰の方が高い。

ただ、売り上げは白鶴まるの方が上らしい。

 

 

合う料理やおつまみ

基本的には和食に1番合うと思う。

煮物・焼き物・和え物・刺身・・・なんでも合う感じ。

個人的に、煮物や刺身を食べる時は白鶴まるなど日本酒を飲むことが多いかな。

あと、寿司を食べる時に一緒に飲むと意外と合いますよ!

 

値段や販売店情報!

白鶴まるの値段は販売店ごとに違いがありますが、ココでは公式サイトに記載されている値段をご紹介しますね。

あくまで参考価格であり、スーパーやディスカウントショップなら割引価格になるので近くの店舗をチェックしてみて下さい。

 

・白鶴 サケパック まる3.0Lは税込2,493円

・白鶴 サケパック まる2.0Lは税込1,719円

・白鶴 サケパック まる1.8Lは税込1,670円

・白鶴 サケパック まる900mlは税込863円

・白鶴 サケパック まる640mlは税込602円

・白鶴 サケパック まるスリム500mlは税込491円

・白鶴 サケパック まる300mlは税込287円

・白鶴 サケパック まる200mlは税込181円

・白鶴 ペーパーパック まる180mlは税込190円

・白鶴 サケパック まる180mlは税込176円

 

・・・となっています。

 

種類によっては置いていない場合もありますが、あなたの家飲みや晩酌に合わせて飲んでみて下さい。

個人的に、例えば3.0L、1.8L、900ml、200mlなどが近くの販売店でよく見かける種類ですね!

 

 

 
★合わせて読みたい
 

 

タイトルとURLをコピーしました